Welcome!

イタリアより食とワインと山の魅力を

リストに戻る

1年以上
ヴェルメンティーノの試飲会。
フランス(ニース、プロヴァンス、コルシカ島)、サルデーニャ島、リグーリア州、トスカーナ州のヴェルメンティーノ、その数40種類。。。。
熱気あふれる会場。
v3-crop.jpg


スプマンテは3社だけ。ヴェルメンティーノの瓶内2次醗酵のスプマンテは、以前サルデーニャのワイナリー・Sardus Paterで飲んだのを覚えている。エノロゴが、この品種100%で瓶内2次醗酵でスプマンテを造っているのはうちだけって説明してくれた。
今回も3社のうち、2社はサルデーニャの生産者。もう一つはリグーリアの36か月酵母と一緒に寝かしたPodere Scurtarola社。なかなかの出来である。

スティルにしよう。
コルシカ島のものは、色が淡すぎて、香りや味わいも控えめ。アフターも短くて、ちょっとがっかり。コルシカ島に何度か行ったイタリア人の知り合いから、コルシカの白は美味しいわよ!って聞いていただけに、なおさらがっくり。。。。生まれて初めて飲んだコルシカ島のワインだったんだけど。。。。こんなものなのかな??

フランス本土のものも、イタリアのヴェルメンティーノに比べると色が薄い。色だけで判断しちゃいけないのだけど、やっぱり色が淡すぎると、ちょっとね~って思っちゃう私。レモンピールの香りも感じられて、なかなかエレガントなものもある。
やはり、イタリアのヴェルメンティーノの産地は、フランスの産地に比べて南だから、色のしっかりしたフルボディーに仕上がるんだ、と一人納得。
さて、イタリア産に挑戦!
そもそも、ヴェルメンティーノの原産地は、スペインあるいはポルトガル、と言われている。それがフランス南部、サルデーニャを通って、イタリア本土リグーリア州に伝わったと言われる。サルデーニャ、そして、リグーリアのヴェルメンティーノは有名だけど、今回は、半分以上がトスカーナのものだった。
トスカーナ産のすべてに共通して言えることは、しっかりした藁色、桜桃、白い野原の花の香り、ミネラル香、まろやかさであり、アフターにビターアーモンド系の心地よいほろ苦味が残る。
ボルゲリ地域では、以前は、このまろやかさとミネラル香を生かして、根性タイプの白ワインによく使われていたが、最近は100%で醸造するところが増えてきた。
セージや、ツゲ(ソ―ヴィニョン・ブランに感じるような)の香りを感じるものもあった。ヴェルメンティーノ100%じゃないのかな???
面白かったのは、ボルゲリのワイナリー・Donnaolimpiaの2011。石油系の香りが出ている。

v2.jpg

そう言えば、リグーリアのワイナリーで何年も寝かしてこんなヴェルメンティーノを造っているところがあった。。。確かビオだったような気がする。ヴェルメンティーノ本来の香りではない、と試飲会メンバーから言われ、DOCと名乗れない、と言っていたような気がするけど、今残念ながら名前が思い出せない。

特筆すべきは、最初に書いた36カ月寝かしたスプマンテを造っているScurtarola。今回試飲に出ていたのは、このスプマンテと2008年のスティル、そして同じく2008年のヴェルメンティーノ・ネーロ(!!!!)。ネーロ、ネーロ、ネーロ!!!
白の2008年は、カラテッロ(ヴィン・サントに使う木の小さい樽)で8か月ほどかけてアルコール発酵をさせ、その後ボトリング、瓶熟してるとのこと。色は琥珀色に近い。最近流行りのビオやら、ビオディナミか、、、と期待薄で試飲したところ。。。。面白い!どんどん、どんどん香りや味わいが変化していく。白ブドウで、赤ワインの力強さをを持つワインを目指したのだそうだ。熟成したチーズに蜂蜜を添えてこのワインを飲んだらサイコ~だろうな!
そして、ヴェルメンティーノ・ネーロ。ネーロ、ネーロ(しつこいな!)。
赤いヴェルメンティーノがあるなんて知らなかった~~!リグーリア州に近いトスカーナの、大理石の採石場があるので有名なカッラーラの近くのこの地域でのみ栽培されている品種。
白と同じようにカラテッロでアルコール発酵をしている。色は濃いめの赤、チェリー系の香り、程よいタンニンがあり、バランスが取れている。力強い赤で、しっかりした赤身の肉料理にぴったり。中程度の熟成のチーズにも合いそう。。。

v1.jpg

http://www.scurtarola.com/it/home.php
個々のオーナーは、ヴェルメンティーノの本も出版した人で、いろんなことを手掛けているらしい。とても魅力にあふれる人。いつか訪れてみたい。。。

パッシートもあったのに、飲み損ねました。。。

夏休み明けの最初の試飲会。。。。ちょっと足取りがおぼつかなくなったけど、いい気分で我が家に到着!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村









コメント

イタリアより食とワインと山の魅力を

作者:ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知る

イタリアより食とワインと山の魅力を

1986年よりイタリア在住の筆者がイタリアのワイン、チーズ、食文化をご案内します。イタリアソムリエ協会のソムリエ、イタリア人にとっても難関のオフィシャルテースター(Degustatore Ufficiiale)、そしてイタリアチーズテースター協会(ONAF)の資格を持つ食のエキスパートです。

7日 68 総合 1114 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさん新着記事

Livewine..
1年以上



過去記事

ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 イタリアより食とワインと山の魅力を
2位 Tatsunosuke Satake blog
3位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
4位 vatienne
5位 ミラノの日常 第2弾
6位 ☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆
7位 ミラノ駐在ブログ
8位 パドヴァのとっておき。


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録