Welcome!

イタリアより食とワインと山の魅力を

リストに戻る

1年以上
久しぶりのアップです。
シチリアの北東に位置するエオリエ諸島を訪れました。
海の時期には、ちょっと早いのはわかっていたけど、トレッキングも盛ん、と知って食とトレッキングのために、いざ出発!
今の時期はパレルモからのフェリーは出ていないので、カターニア空港からバスでミラッツォ港へ。
火山性の7つの島からなるエオリエ諸島。まずは、1時間ほどかけて水中翼船でリーパリ島へ。7つある島の中では、一番俗っぽい。
初日のディナーはメインストリートの路地にあるL'Anfola(http://www.ristoranteanfora.it/)へ。白身魚の切り身に小麦粉をまぶし、オレンジ・レモン・キンカンの皮を加えた一品は最高。
    1_20150430014108a10.jpg

野生のミントのエキス入りパンナコッタも美味しい。
  2_20150430014110eec.jpg

翌日のディナーは、105年の歴史を誇るDa Filippino(http://filippino.it/)にて。30年前から一度は行きたい、と夢見ていたお店。シーフードのアンティパストの盛り合わせ、、、美味しい。
     3_20150430014112ce4.jpg

プリモはナスとトマトのソースのマカロニ。このソースの美味しさと言ったら。。。。。。!!! 
   4_20150430014115e65.jpg

メインは赤エビのフライ(これは今一)。ジャスミンの花のエキス入りムース。
     5_20150430014116dec.jpg

3日目はE Pulera(http://www.eolieexperience.it/it/home-epulera)。前述のDa Filippinoと同じ経営だけど、こちらのほうが断然上! ロケーションも素晴らしい。ちょうど私たちが行った時は、レモン・オレンジ・グレープフルーツの花が真っ盛り。その香りと言ったら。。。。。!
    6-0.jpg

アラルンガ(小型のマグロの一種)のカルパッチョ。
  6_20150430014302c02.jpg

エオリエ風スパゲッティ、リコッタのムース。
      7_20150430014306a82.jpg

もちろん毎回シチリアのワインをお伴に。。。。
8_20150430014307afc.jpg 11_20150430014450af0.jpg 12_20150430014452ebc.jpg

エオリエ諸島の一つ・サリーナ島はマルヴァジーアを乾燥させて作るデザートワインが有名。同じマルヴァジーアで作ったドライタイプは、香りにあふれる地元料理によく合う。

嬉しいのは、どのお店もデザートの後に、このデザートワインとクッキーをサービスしてくれること!
13.jpg 14.jpg


柑橘類をふんだんに使い、色鮮やかなエオリエ料理。。。。。今覚えば、7日間一度もお肉を口にしなかった。。。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

コメント

イタリアより食とワインと山の魅力を

作者:ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知る

イタリアより食とワインと山の魅力を

1986年よりイタリア在住の筆者がイタリアのワイン、チーズ、食文化をご案内します。イタリアソムリエ協会のソムリエ、イタリア人にとっても難関のオフィシャルテースター(Degustatore Ufficiiale)、そしてイタリアチーズテースター協会(ONAF)の資格を持つ食のエキスパートです。

7日 68 総合 1114 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさん新着記事

Livewine..
1年以上



過去記事

ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 イタリアより食とワインと山の魅力を
2位 Tatsunosuke Satake blog
3位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
4位 vatienne
5位 ミラノの日常 第2弾
6位 ☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆
7位 ミラノ駐在ブログ
8位 パドヴァのとっておき。


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録