Welcome!

イタリアより食とワインと山の魅力を

リストに戻る

10日前
こんな贅沢な試飲会。。。バローロとバルバレスコの生産者が120社以上勢ぞろい!

           IMG_0842.jpg

それだけでもすごいのに、会場が、、、なんと世界遺産として登録されているカリニャーノ宮殿。
トリノの町の中心地だから、ミラノ在住の私にとっても行きやすい。

17世紀にバロック様式で造られたサボイア王家が住んでいた宮殿なのだ。

            IMG_0852.jpg

今回の新発見は、バルバレスコを造るCa del Baio。試飲したのはVallegrandeとAsili。ビンテージはどちらも2015。
      IMG_0844.jpg

やはりバルバレスコだけど、PaitinのSerraboellaもよかった。こちらもビンテージは2015。
   
       IMG_0849.jpg

バローロは、大半の生産者が2014年を出していた。残念ながら2014年は、夏、雨が結構降り涼しかったので、良いビンテージとは言えない。期待薄で行ったのだけど、どうして、どうしてなかなかの出来であった。
もちろん、ある程度目星はつけていったのだけど、20種類ぐらい試飲した時点で、どれもこれも甲乙つけがたい、美味しいわ~っと思ってグラス片手に会場を歩いていると、すごい人だかり。。。。
Domenico Clerico! 昨年長い闘病の末、亡くなってしまったドメニコ。
彼のBarolo2014を口に入れて、声を失った。。。今日、今まで飲んできたのはすべて美味しかったけど、これは別物なのだ。
甘いタンニン、ジャム、今すぐ飲んでも十分楽しめる。ワインラバーの心をしっかりつかんでいる!
Pajana2013、Ciabot Mentin2013。。。。そして、Percristina2008。2013はグッドビンテージだけど、2008は超グッドビンテージなのだ。

       IMG_0847.jpg

バリック香が強すぎて、あまり好きでなかったLa Spinetta。。。醸造方法を変えたんだろうな。。。これもClericoと肩を並べる逸品だった。

       IMG_0848.jpg

やはり有名になるには、理由があると納得。

ビオブームのせいだろうか。。。。たくさん試飲した割には、酔いが回らなかったような気がする。。。
とは言っても、会場出口での演奏会の写真を撮って、家に帰って見たらぶれてた。。。酔ってたのかなぁ?
                IMG_0851_20180412045739b93.jpg





       

コメント

イタリアより食とワインと山の魅力を

作者:ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知る

イタリアより食とワインと山の魅力を

1986年よりイタリア在住の筆者がイタリアのワイン、チーズ、食文化をご案内します。イタリアソムリエ協会のソムリエ、イタリア人にとっても難関のオフィシャルテースター(Degustatore Ufficiiale)、そしてイタリアチーズテースター協会(ONAF)の資格を持つ食のエキスパートです。

7日 05 総合 1224 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさん新着記事



過去記事

ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
2位 ミラノ駐在ブログ
3位 パドヴァのとっておき。
4位 Tatsunosuke Satake blog
5位 ☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆
6位 イタリア料理とイタリアワイン
7位 ミラノの日常 第2弾
8位 オレンヂ・ミラノ情報発信局


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録