Welcome!

ミラノの日常 第2弾

リストに戻る

1年以上
先日まで気温が6,7度だったミラノ。いきなり22度まで上がったから体がついていけない。 

そうでなくても、やれ高熱だ、下痢だ・・・と体調不調を訴える人も回りに多く、我が家でも子供達だけが、普通の生活をしていたけれど、お腹の調子が悪いと数日言っていたくらい。 

昨日は交通機関のストのため、子供達を空手教室に連れて行っても帰りが問題なので、休ませてしまった。下校した次男を公園へ連れて行ったのだけれど、そこであった幼稚園ママ達が、幼稚園で流行中の『ピドッキ』(頭虱)のことで大騒ぎしていた。過去に我が家の子供達も数回ずつ経験しているが、考えてみればいつもこの時期だったかも。初めて起きたときは、この世の終わりほど、息が止まりそうだったけれど、2度目、3度目は「来たか・・・」の感覚。でも昨日のママ友・パパ友はやっぱり半・半狂乱。笑 そこで、卵、成虫の見分け方、シャンプー、駆除専用駆使で髪の根元から髪を梳き取るか、爪先でしごくことを講習。子供の多さは経験の多さよ!笑  

ところで今朝、学校の前で学年末のフェスタについて打ち合わせをしていたら、たまたま目があった友人に「そんな目でみないでよ~。」というので、???と思うと、「Sono pidocchiata!」という。ピドッキアータってそんなイタリア語あったの?と思ったが(明らかに造語)金髪の彼女は,どこかから頭虱をもらってきてしまったらしい。「彼女にうつされたの!」と一緒にいた友人をさし、彼女もにやにや「やっと処置したのよね・・・」という。ま~大人まで寄生されるとは思ってもいなかった。いずれにしても金髪だと卵に気づかず、気づくと、8日後に8倍,8倍・・・と増えていってしまっているのだろう。げげ。 

ちなみに、Pidocchiareという動詞はないが、Pidocchiosoという形容詞は,「虱でいっぱい」または「けちな」という意味がある。 

話は基、こんな時代に・・・怒っている人もいたが、不潔さとは無関係であるというし、誰にでも感染しうるもの。あとは、学校で犯人探しをしたりして、差別やいじめにつながらないよう正しい知識の普及や認識による対応が必要なんじゃないだろうか。 

あまりにも、この時期多い話で(特に今年は)我が家の子供達も大丈夫かちょっと気になりだした。 

http://blog.livedoor.jp/s_sofia1317/archives/50196866.html 
http://ameblo.jp/sofiamilano/entry-11028651154.html

Lucacolla

1年以上

笑 pidocchiareという動詞は明らかにありません。
こんな面白い記事をありがとう。
Luca

返事 :

コメント

ミラノの日常 第2弾

作者:ミラノのそふぃあ

ミラノの日常 第2弾

イタリアに住んで19年。 毎日アンテナびんびん!ミラノの日常生活をお届けする気ままなコラム。

7日 26 総合 1673 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ミラノのそふぃあさん新着記事

茶香炉..
81日前



過去記事

ミラノのそふぃあさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 vatienne
2位 イタリアお気楽ネット生活
3位 Tatsunosuke Satake blog
4位 ☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆
5位 ミラノ駐在ブログ
6位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
7位 Rapporto!?da Genova(New)
8位 ミラノの日常 第2弾


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録