Welcome!

ミラノの日常 第2弾

33日前

雨が降って〜、降って〜、休んで、休んで〜とカスタネットのような日常がやっと終わり、青葉若葉が萌える素敵な季節だ。

 

風薫る5月。(もう終わるけど)初夏の若葉の中を、さわやかに風が吹き渡ってくる。しかも、微妙に甘い香り。

 

暑すぎもせず、寒くのもなく、一瞬ではあるが、ミラノの好きな季節。自転車で移動するのが好き。どこからともなく、ジャスミンやネズミモチの小さな白い花々の匂いがしてくる。

 

ところで、ワインテイスティングではよく白ワインの香りを”白い花”という形容をすることがある。アカシア、モクレン、オレンジの花、りんごの花、すずらんなど。一度、友人が「ジャスミンの香り」と形容したら、別の友人が「茶でも飲んどき〜!」といって大笑いしたことある。ジャスミンティーかい?!と思ったけれど、でもやはりジャスミンの花の香りとも形容するのだ。

 

今朝、本屋にでかけたついでに、真ん前に住む友人に電話をしたら、お茶を飲みにおいで!と言われ、ちょこっとだけお邪魔してきた。とても素敵なテラス。毎年バラがいっぱいだったが、今年はジャスミンでいっぱいだった。

 

 

そして、あっという間に夏に突入だあ。

 

風薫る空手着干さるる皆デカイ

目に青葉学年末のピッツァータ

夏までに塗ってやせようセルライト

初夏の風蚊遣り火運び息できぬ

夏休み何すりゃいいんだ三ヶ月

35日前

我が空手•月心会イタリア本部の門下生親子の写真展のお知らせ。

 

 

アンドレアは建築関係を中心にしたカメラマン。ミラノ工科大学•建築科卒業、’86年〜'90年映画関係およびRAIの仕事に携わる。その後、建築やデザイン関係のカメラマンとして建築関係の雑誌(Abitare, Domus, The Plan, Interni, Wallpaper)や建築事務所(Park Associati, Piuarch, Gregotti, Matteo Thun, Marco Piva, Duccio Grassi, Zaha Hadid)や企業 (Cassina, B&B, Marzorati Ronchetti, Flos, Nava Design, Armani Casa, Dolce e Gabbana, Lea Ceramiche, Samsung, Electrolux, Dada, Elam)のカメラマンとして現在に至る。

 

5月26日(金)18時〜22時 

Raboniarchitetti Studio

Via S.Marco 46, Milano

 

 

長女のヤスミーナは大学1年生。やはり写真を大学で専攻しており、高校生の頃から個人で写真展を開いている。今回大学のテーマで日本の文化に関する映像を作成しており、お味噌汁の作り方も載せたいというので、彼女の家に行き、出汁から作った。また日本人の目だけも撮りたいというので、私と次男が「目」だけ出演。笑 どんな映像になるのか非常に楽しみである。

 

 

6月9日(金 )19時〜

Portineria14 

Via Troilo 14, Milano

 

 

http://www.martiradonna.it

https://divisare.com/authors/2144626780-andrea-martiradonna

https://www.jasminamartiradonna.com

 

 

36日前

 

 

今年は恐ろしいほど、蚊が大量発生している。

 

雨が多く、ベランダのプランタの受け皿や、道路の排水溝やマンホールに水がたまりがボウフラが繁殖して蚊の大量発生になってしまったのだろうか?

 

そしてふと、家の中の天井を見上げると、阿鼻叫喚!あっここに3匹。向こうの部屋に5匹。廊下に4匹...なんていうのはザラ。こんなの初めて。しかも、寝ていたり、PCにむかっている際に、耳元にブーンとやってこられると、撃退するまでいてもたってもいられなくなる。ほんとにハラタツ!イライラするわ!

 

余談だが、蚊は1秒間に800-1000回もの羽ばたきをするそうで、その羽音がブーンと聞こえるわけだが、「ファーン、ファーン」と鳴いている蚊は、メスで440Hzの羽音振動数で鳴いているそうだ。そして、血を吸うのは、メスのみ。なぜならば卵を産むわけで、産卵時期以外は吸わないそうだ。そして2mgくらいを吸うと満腹になるようだが、1mgあたりで4,5回は吸っているようだ。

 

また産卵時の蚊は人や動物の排出する二酸化炭素、体温と湿度、汗に含まれるアセトンや乳酸などの揮発性物質などに反応し吸血行動のターゲットを決めるという。太り気味で体温が高く汗をよくかく人は、そのためか?と納得。そして妊婦や赤ちゃん、飲酒後などの基礎代謝が高い人も蚊のターゲットになりやすいというが、これまた納得。また、化粧品や香水などに含まれる化学薬品の中にも蚊を引き寄せる成分が含まれているようだ。

 

以前、体温が低く、汗をかきづらい体質の時は、確かに蚊に刺されることはほとんどなかった。つまり血液がまずかったのだろう。最近はボコボコだ。私って何か蚊を引き寄せる成分を放出しているのだろうか?いやだわ〜。

 

それにしても、今年の蚊はしぶとく、ハッカ水をまいても効き目はなく、それどころ蚊取り線香やベープなどを焚いても、こちらが苦しくなるだけで、とにかく、蚊、蚊、蚊...。ハラタツわ〜。

 

個人的に思うのは、こちらの蚊は日本の蚊と違って、いつまでたってもじわじわ痒いこと。考えてみれば、蚊に刺された時に発生するかゆみや腫れというのは、、蚊の唾液によって起こるアレルギー性の皮膚炎だという。かゆみあたは個人別で1)蚊に刺された直後(約15分以内)に起きるかゆみや赤み、発疹の即時型アレルギー反応。また、蚊に刺されてから1−2日後に起きるかゆみや赤、発疹のでる2)遅延型反応があり、その両方が重なる場合もあるというが、私はもろそのタイプ。ちなみに、年を取ってくると、刺されても無反応というのもあるようだ。感じるってことはいいことなのかな?笑

 

あまりにもひどいので、ミラノの清掃局(AMSA)のHPを見ると、5月22日よりミラノの137,000本ある通りや学校、公共の学校の消毒が始まっていた。まだゴキブリは見ていないが、そろそろアパートの敷地にも消毒が撒かれることだろう。

 

とにかく、何を塗ってもかゆみがとれぬ。実家では、朝顔の葉を痒いところに直接塗り込むと、あっという間にかゆみが消えたものだ。ほんと、あのブーンとした音、そしてこの痒み。なんとかして欲しいものだわ。

38日前

 

学年度末の怒涛の日々。日々ノルマのごとく、行事が消化されていく。
毎年、それこそ長女がかれこれ幼稚園時代からこういった生活だが、学校行事に関しては、過渡期を過ぎたはずなのに、年々忙しくなるのはなぜだろう。

今朝、中世行列という大イベントの終わった次男の中学へ衣装の片付けに出かけた。350着の衣装は、だいたいクラスごとに分かれていたが、洋服の状態を見て、しまえるもの、お直しの必要なもの、洗濯が必要なものなどを分けなければいけないが、その前に、ネックレスやらベルトやら剣やら何やらもその辺に置いてあり、どこから片付けて良いのやら...2時間一人で黙々と片付けをし、ま次男を含め、パリオのごとく旗をふる旗手の生徒たちはまた今度の土曜日に小学校のフェスタでデモストレーションをするので彼らの衣装だけ見つけて家庭科室の入り口に移動させた。お直し、洗濯...誰が見てもわかるようメモをつけ、机に並べていったが、忍耐力がフェードアウト。次は誰かお願いします、とwhatsAppのグループにメッセージを送る。

 

さすがに、月曜日のバドミントンはやめておいた。無理をして下手にアキレス腱でも切ろうものなら、8月の空手の全国大会に出られなくなる。一度帰宅し、アイロンがけの山に向かう。あ”...。脱力。夕方はオラトリオ。子供たちを見ながら、ミサの聖歌を選曲。夜は夜で次男のクラスのピッツァータ。特大ピッツァのお店だったので、もうしばらくピッツァは食べたくない。苦笑 

 

そして、なぜか教授軍のテーブルに座ってしまい、話題作りに苦労した。ただ、宗教の先生が、今期で仕事を辞め、修道会に入ると言っており、興味深く根ほり葉ほり聞いてしまった!笑。ちなみにドミニコ会。キリストの真理を伝えようとするこのドミニコ会の理想は、プリズムによって光が多彩に分割されるように無数のドミニコ会士によって歴史のうちに生かされてきた。トマス・アクィナスは神学を、エックハルト、H・スーゾーらは神秘的観想を、フラ・アンジェリコは宗教的美を生き伝え、他方シエナの聖女カタリナはアビニョンの教皇を動かし、サボナローラの弁舌は宗教改革の先駆ともなった。日本には17世紀初頭のキリシタン時代に伝来、現在は日本の数カ所で布教しており、京都に聖トマス学院がある。いやいや、プロフの今後をお祈りしたいと思ってしまった。

 

そんなわけで、まだまだ続くよ、怒涛の学年度末...

 

何を捨てて(やめて)、何をするか(すべきか)...時間を有効に使うため、そして常に「やるべき」ことを明確にするため、私はTo do listがないといられない。しかも、こういう時は、デジタルではなく手書きで...。特に、人への連絡事項で期限のあるものもあれば、気になる人(言動や意味深なメッセージを送ってくる人)がいても、ついつい忘れてしまうこともある。人とのつながりは大切にしたいので、やはりメモなしではいられない。

 

また、同時進行が多すぎて、結局やりっぱなし、というものも多く、日々反省。そして、もう少し寝なくちゃなあと思う日々。やはり体は正直。翌日の体に出る。リンパマッサージ復活でかなり楽になったが、やはり抱えているものを徐々に減らしていかなければ...とも思う。

 

あれもこれもほしがるなよ by 相田みつを

 

自分の限界というものをわきまえなきゃね。大切なものをまもるため、真実にもどづいて今できないことは『ノー』というべき。でも、どうしようもない状況の時もある。でもちょっとできるかも・・・そんな思いで自業自得になる。泥舟に乗り続ける私。

何でも同じように大切にすることはできない。選び方は咲かせ方。一日をどう過ごしたか、生き方の中に結果が出てくる。そうそう。自分の行いには必ず結果が伴うもの。それを意識しながら行動し、すべて自分で責任をとる覚悟が大切。

 

けれど、まだまだ続くよ、怒涛の学年度末。(しつこい?!)

 

 

 

39日前

IMG_20170522_090400641.jpg

 

怒涛の学年度末の日々の中、今度は空手の日帰り合宿に出かけてきた。

 

ここ数年、海続きだったが、今年はミラノから160キロ離れたヴァッレ·ダオスタはグレッソネイ•サン·ジェアンの山へ。リス川が流れるヴァッレ・ディ・グレッソネイの中心にあるグレッソネイ·サン·ジェアンは、静かでエレガントなリゾート地。今から100年も前に、イタリア王妃マルゲリータはこの町を避暑地として愛していたという。トレッキングやハイキングが楽しめるところ。

 

7時45分に集合し、8時過ぎには出発。

 

バスの中で、私の前に座っていたAが「sugoiって何?incredibileってこと?」と聞いてきた。なんで?と聞くと、T子、さっきからずっと「すごい!」「すごーい!」って連発してたから...と言う。先日は、別のイタリア人のママが一つ、日本語のフレーズ覚えたよ。「チョット待ッテ!!」どんだけ、私は、独り言が多いのだろう...苦笑

 

IMG_20170522_090856951.jpgIMG_20170522_090856956.jpgIMG_20170522_090856895.jpg
 

現地到着。空気が澄んで、日差しは強いものの湿気がなく爽やか。そして美しい景色。それだけで癒される。すでにマイカー組は到着していた。早速道着に着替え、準備のできたものからランニング。草原はちょっとじめじめ状態。ひんやりというよりも、ねっとり感のあるところもあり、犬の糞?!いちいち反応してしまった。苦笑

 

帯ごとの型も終わり、記念撮影。これで、午前の部終了?お弁当?と思うのは、気が早すぎた。高校生以下は4つのグループに分かれ、レクリエーション開始。今年は、高校生以上のリーダーが、それぞれのチームをまとめる役を授かった。長男も黄色チームのリーダー。先日、友人を亡くし、稽古にも出たり出なかったり、8月の全国大会に向けてのモチベーションが下がるのではないか?と心配していたが、割に小さい子の面倒を見るのは、嫌いではない、むしろ面倒見も良く、チームをまとめている姿を見てなんとかここで彼の可能性を引っ張り出して欲しいものだと思った。

 

こういった活動は、オラトリオでも同じように企画されているが、普段地元のオラトリオを見ている限り、指導する高校生も、ついていく小中学生も、なかなかまとまりが取れず、毎年見ていてやきもきしてしまう。また、遠足などのバス移動とて同様。地元オラトリオの子達は、言葉遣いは悪いし、バスの中でも動くな!といっても皆うろうろし、音楽はボリュームマックスにかけまくり、ひどい子だと噛んでいるガムを座席に貼り付けていく始末。私の忍耐は毎年ブチ切れるのだが、月心会イタリア本部の子供達は人種に関わらず本当にお行儀が良く、やんちゃな子もいるが、皆可愛らしい。安心してみていることができた。これも、師範をはじめ、各家庭のしつけの良さだと思う。(とは言っても、きっと日本の門下生に比べれば、とても自由な気質ではあると思うが)

 

話は逸れたが、リクレーションは続いた。水風船のぶつけ合いは、毎年海の浜辺でやると、他のお客さんに迷惑をかけないか、ハラハラドキドキしたものだが、広大な敷地の中で、子供達は水を得た魚?いや、野を走り回る子犬?と化し、思い切り楽しんでいた様子。そしてやっとランチタイム。午後の予定があったので、食事時間は30分強。もうちょっとゆったりしたいところだが、そうもいっていられない。水が澄んで、底まではっきり見える湖を前に食べる食事は、格別!若干一名、湖に落ちた。一名で済んで良かった!

 

IMG_20170522_090444604.png

IMG_20170522_090514652.jpg

 

午後は、30分ほど、林を散策しながらサヴォイア城へ。前もって見学できないか、問い合わせてみたが、電話での予約はできず、一度に入れるのは、25名前後。その人数だと4時間は必要ですよ、といわれ、師範に連絡をすると、入場は断念。それでもお城まで出かけてみた。

 

 

余談だが、このお城は、マルゲリータ・サヴォイア城とも呼ばれ、王族であったサヴォイア=ジェノヴァ家出身のマルゲリータの家であり、マルゲリータは近くにある本家に当たるサヴォイア=カリニャーノ家の当主であるイタリア王ウンベルト1世と結婚してイタリア王妃となった。王妃として芸術文化の支援や慈善活動に熱意を注ぎ、庶民から広く敬愛された。ちなみに、食生活でも貴族より庶民の食事であるピッツァを好み、中でも王妃が気に入っていたレシピは「ピッツァマルゲリータ」として知られている。そして、ピッツァが広く愛好されている日本でも「ピザ(”ピッツァ”だよ!)の記念日」は、王妃マルゲリータの誕生日に由来する11月20日とされている。

 

IMG_20170522_090603604.jpg

 

 

そして、ここで再び記念撮影。(画像アップ待ち)

 

 

IMG_20170522_090644362.jpgIMG_20170522_090644121.jpgIMG_20170522_090644148.jpg

 

それにしても心が洗われる景色である。

 

再び湖畔に戻りゲーム再開。手作りの「三目並べ」、そしてチーム対抗、スイカ割り大会。今年は、雨も多く、寒い日が続いたので、まだメルカートやスーパーではスイカはあまり見かけない。なので、購入担当の父兄の方々は苦労されたことだろう。ギリシャ産が多かったという。実際、食べてみて甘みはあったが、少しゴリゴリ感が残っているものもあった。

 

IMG_20170522_090717991.jpgIMG_20170522_090717997.jpgIMG_20170522_090717757.jpgIMG_20170522_090717877.jpg

 

名残惜しくも、ミラノへ戻る時間。地元のご飯食べたかったよねえ。おいしいワイン飲みたかったよね〜。とご父兄の意見。来年はまたここでいいから、希望者は前日から泊まり込みで来ない?などと話した。ただ、怒濤との学年度末。泊りがけの合宿が可能になるのかどうか、その時にならないとわからない、という現状がある...とほほ。

 

総勢115名。うち門下生が80名くらいだっただろうか? 非常に充実とした日帰り合宿であった。師範に感謝。ご父兄に感謝である。

 

これからは、全国大会に向けて気持ちを入れ替えなくては!イタリア本部、やる気満々がんばりまーす。

 

 

http://ameblo.jp/sofiamilano/entry-12163171076.html

http://ameblo.jp/sofiamilano/entry-12163340614.html

http://valledaosta.jp/areaguide/monterosa.html

ミラノの日常 第2弾

作者:ミラノのそふぃあ

ミラノの日常 第2弾

イタリアに住んで19年。 毎日アンテナびんびん!ミラノの日常生活をお届けする気ままなコラム。

7日 47 総合 1620 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ミラノのそふぃあさん新着記事



過去記事

ミラノのそふぃあさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Tatsunosuke Satake blog
2位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
3位 イタリアより食とワインと山の魅力を
4位 ミラノの日常 第2弾
5位 オレンヂ・ミラノ情報発信局
6位 ミラノ(イタリア)を制覇するブログ
7位 ビワの葉は凄ィっ!ってイタリア人に勧めてみる。+気まま雑記
8位 Belle e Felici


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録