Welcome!

Tatsunosuke Satake blog

1年以上
 ミラノ市内にはアウトレットと名が付くお店がいくつかありますが、実際に足を運んでみてもガッカリということがよくあります。もちろんアウトレットなので行ってみないことには何があるのかわかりませんし、掘り出し物を見つけるという楽しみもあるでしょう。
 こちらのお店「il salvagente」は中心地からは少し離れますが、郊外の大型アウトレットにはないような商品もあり、下手にいろいろと探してみるよりはこちらへ行ったほうが良いものが見つかる可能性が高いような気がします。

 店内は1階が主に女性もの、2階が紳士ものとなっており、多少乱雑には陳列してありますがサイズごとに分かれているのでわかりやすいです。取り扱っているものはほとんどがイタリア製のもの。1978年より開業している地元の人がよく訪れるミラノ市内のアウトレット。
 STK_8550_R.jpg
 靴、かばんのコーナーもあります。
 問題は中心地から離れた住宅街の中にあるのでアクセスはあまりよくないのですが、交通機関を使う場合はThe BRIAN&BARRY BUILDINGの前から54番のバスが出ているのでこちらを使用すると10分弱ぐらいで住所の記載のある停留所があり、そこで降りればよいと思います。
STK_8545_R.jpg
il salvagente
住所:Via Fratelli Bronzetti 16 20129 Milano
Tel +39 02 7611 0328
営業時間:月 15.00-19.00 火-土  10.00-19.00 日 11.00-19.00
HP:http://www.salvagentemilano.it/ 
 
1年以上
 11月が始まり、気が付けば残りもあと2か月。
ミラノエキスポは10月末で終わりを迎え、2000万人の目標来場を超えて2150万人が訪れたと言われていますのでひとつの大きなイベントとしては成功したのではないでしょうか。
 
 さて、私事ですがまたKindleにて「Un amore a Tokyo」という小説(イタリア語版)を出版しました。この作品は以前書いた「記憶の中の現在」という作品を少し手直し、表紙のデザインはイラストレーターの Setsuko Uchinoさんに手掛けてもらいました。また翻訳のほうはMari Catricalàさん、および他の方にも手伝っていただきました。
 皆様いろいろとご協力いただき、ありがとうございました。

1年以上



STK_8811_R.jpg

STK_8854_R.jpg
1年以上
 今年の夏の思い出。

 まさかまたバンドを組むことになるとは思いもよらなかった。
 以前記事にしたミラノのバーサケテカ GOで知り合った日本人メンバーと「ミラノロック倶楽部」というグループを結成。何度かスタジオに入るうちにオリジナルをやろうということになり、考える前に飛べというような勢いで数曲レコーディングまでやってしまった。

 僕は手癖でしか弾けない不器用なリードギター。

 結成して間もないグループは、メンバーの一人が日本に帰国することになっていて存続は未だ未明。それにしても、このいい年になったおっさんグループで気ままにロックをやっているのはとても楽しい。
 こうして立派なPVも出来たので、とりあえずご報告。
1年以上

やはりレオナルドダヴィンチという名前が付けば人々の興味をそそるもので、古い文献から場所を特定し発見されたレオナルドダヴィンチが所有していたブドウ園が現在公開されています。
 このブドウ園は当時のスフォルツァ家の王よりダヴィンチに贈与されたものとされており、今回の公開にあわせて彼が植えていたとされるブドウの品種を植えなおして展示しています。
STK_8364_R.jpg
 ただのブドウ園かと思って特に気にしていなかったのですが、訪れてみるとその立派な建築物と庭に惚れ惚れしました。屋敷の向こう側に見える教会の屋根は最後の晩餐があるサンタマリア・デッレグラッツィエ教会。
STK_8333_R.jpg
 サンタマリア・デッレグラッツィエ教会はブラマンテというルネッサンスを代表する建築家が設計したことで有名ですが、ダヴィンチとも交流があったことで知られているのでこの庭を眺めながら二人でいろいろな話を語り合ったのでしょう。二人でワインなんか飲んで酔っ払いながら制作中の教会についての構想を練ったとすれば、なんだか思慮深い庭に思えてきます。
STK_8302_R.jpg
 この屋敷はスフォルツァ家が客人や芸術家を住まわせる目的で建設されたとのこと。名家どうしの成婚を記念した家紋がリビングに飾られ、各部屋のフレスコ画もかなり見ごたえのある立派なものでした。
STK_8339_R.jpg
 壁の装飾も一見の価値ありという感じですが、バベルの塔の絵画も発見。
STK_8263_R.jpg
 入り口は教会のすぐ横、右側の青い垂れ幕が目印です。

・レオナルドダヴィンチのブドウ園(La vigna di Leonardo)
営業時間:900-1800 毎日 (30分ごとの入れ替え制) 
展示期間  2015年10月末まで
入場料:10ユーロ (日本語オーディオガイドあり)

Tatsunosuke Satake blog

作者:tatsunosuke satake

Tatsunosuke Satake blog

イタリア・ミラノ在住のフリーライター佐武 辰之佑のブログです。日々の生活を綴っています。ミラノのイベント、お店などの紹介もしています。

7日 48 総合 4779 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



tatsunosuke satakeさん新着記事



過去記事

tatsunosuke satakeさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆
2位 ミラノ駐在ブログ
3位 ミラノの日常 第2弾
4位 ビワの葉は凄ィっ!ってイタリア人に勧めてみる。+気まま雑記
5位 パドヴァのとっておき。
6位 Tatsunosuke Satake blog
7位 Rapporto!?da Genova(New)
8位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録