Welcome!

Tatsunosuke Satake blog

1年以上
STK_1344 (2)_R
 近年はトルトーナ地区の人気の高騰により、徐々に展示の場所が少なくなり、ミラノの東に位置するランブラーテ地区と呼ばれる会場の展示がより独創性に富み、オリジナリティが高い作品が増えていると言われています。今年のイタリアのメディアもこのランブラーテ地区が主に報じられたそうで、サローネの時期の展示会場としては年々注目を浴びている地域になりました。こちらの地域でも日本人デザイナーの方々が作品を展示していました。
STK_1365_R.jpg
 上記は博報堂の杉山ユキさんの作品。ストーンクッションということで硬いはずのものが柔らかいという矛盾を活かした作品は思わず触ってみたくなる人が大勢。このランブラーテ地区では話題になった優れた作品でした。
STK_1358 (2)_R
 上記も博報堂の岡室健氏の作品。電気を通すシルバーインクという新しい素材と日本のTAKEOという企業の紙を活かしたLEDライト。
STK_1359 (2)_R
 インクの付いたところならどこでも通電する仕組みにより、紙も変幻自在に取りつけることができ、幻想的なライトを買って持ち帰りたいという方も大勢いました。今年は博報堂の展示にて通訳を務めさせていただき、いろいろな人と話ができてサローネ期間もあっという間に過ぎてしまいました。
STK_1349 (2)_R
 HOKUTO ANDO & TOSHIYA HAYASHI/WE+ の作品「Vestige」3Dスキャンと3Dプリンターを応用した作品とのことです。
STK_1350 (2)_R
 こちらも上記のHOKUTO ANDO & TOSHIYA HAYASHI/WE+の作品「Drift」砂鉄を利用した時計。
STK_1355 (2)_R
 こちらはデザインユニットmiif design collectiveの展示。 以前は本会場のデザイナー登竜門と言われる、サテリテに出店されていたそうです。
 こうしてはるばるミラノで展示を行うのは大変かと思いますが、お世話になった方々お疲れ様でした。御礼申し上げます。
 皆様の益々の活躍をお祈りしております。
1年以上

 上記の家具はOTTOという日本の企業の展示。たまたま知人のミラノ在住のデザイナーInoue Itsukoさんがコラボレーションをされたとのことで、足を止めてみました。それにしてこんな良い場所で展示ができたのも、さすがに地元在住者。
STK_1330 (2)_R
 デザインに欠かせない職人の高度な技術と経験。上記の家具は釘を一切使用せず、天然木材を使用し日本の伝統技法の組子で装飾。女性らしい繊細さと職人の技が合わさった日本の家具づくりの原点を感じさせる作品でした。
STK_1340_R.jpg
 また今回の展示ではカンナがけなど日本の職人さんの技を実際に見て、現代風のデザインと職人の融合というインスタレーションを展開されました。
STK_1326 (2)_R
 OTTOの皆さんと、デザイナーInoue Itsukoさん(写真左)
1年以上
STK_1234 (2)_R
  トンネルの中に広がる幻想的な風景。大小の歯車がゆっくりと回転し、そこに開けられた無数の 穴から木漏れ日のような光が射し込みます。作品奥に鎮座する大木に触れると、まるで人のエネ ルギーが伝達するかのように、歯車と光が伝播し変化しゆく。歯車はクルマ社会を支え続 けるアイシンのシンボルであり、足元に広がる光の風景は豊かなクルマ社会を表現。STK_1241 (2)_R
 今回の展示を務めた「吉本英樹氏」。現在はロンドンで活躍され、レクサスデザインアワードの受賞者でもあります。
STK_1244 (2)_R
 今回のメイン展示は新製品の「おえかきミシン」
STK_1236 (2)_R
 色とりどりのミシンがあって、かわいらしい展示でした。

 もう十数年前の話になりますが、地元の富山にいるときにアイシンの工場で少しだけ働かせてもらったことがあります。そこは車のギヤを作る製造工場で僕は夜勤の仕事をしていました。熱いアルミの窯から機械が型をとり、一旦水で冷却されたアルミがベルトコンベアーでゴトゴトこちらへやってきます。それでもアルミは十分熱いので手袋をしての作業になりますが、後ろを振り返るとプレス機が置いてあります。アルミを機械にはめ、足でボタンを押すとガチャンとプレスが落ちてきて、アルミの要らない部分が切り取られて、自動販売機のようにひざ元にギヤが出てきてそれを籠にいれる作業です。
 その時はひとりで3レーンを受け持っていたのですが、2レーン目に行くとすでにアルミが溜まっていて、ガチャン、ガチャン、そうすると3レーン目が溜まっていて、ダッシュしていって、またガチャン、ガチャン。そして気が付くと1レーン目には随分と溜まっているのでまた走っていってガチャン、ガチャン、と、、、僕は短い間だけでしたが、あの仕事を続けている方は本当に頭が下がります。個人的な故郷の思い出がよみがえった展示でもありました。

 上記のアイシンの展示「Imagine New Days」はイタリアの文化協会elita主催の賞であるMilano Design Award 2016において 出展者1,135組の中から「Best Engagement by IED」を 受賞したそうです。
 素晴らしい展示の結果がでたようでお祝い申し上げます。
1年以上

 エントランスには日本の神社にある千本鳥居を思わせるゲートが連なり、来場者はその先に何が待ち受けているのか予見し、”Transparency(透明性)”というデザインコンセプトに基づいての展示が行われました。
STK_1172 (2)_R
こちらのインスタレーションは水素原子をモチーフにしており、水素を エネルギー源とした燃料電池システムによって生み 出された電力で点灯。
STK_1311 (2)_R
 新型のレクサスの姿が1700本の糸を使って、機械により上下することにより、その姿が徐々に表れ、消えるという仕掛け。このコンセプトは日本の障子にインスピレーションを受け会場全体に配置された半透明な壁などに反映され、木の格子と和紙を模した素材で作られた壁は、ほのかに光を通し、向こう側に居る人やモノの影を浮かび上がらせるという、日本古来の本質的な要素を取り入れた。障子の向こう側のわずかな影を感じ取り、お客様の到着を予見してお迎えの準備をするという日本の”おもてなし”精神を反映しているそうです。
STK_1165 (2)_R
 レクサスの展示では去年より食とのコラボレーションをしているのですが、今年はミラノでミシェランの星を獲得したレストランTokuyoshiの徳吉洋二氏が務められました。
 ”水”をモチーフに驚きの食体験”BUOYANCY (浮力)”を創造。水に浮かぶキンレンカの葉には 甘酸っぱいベリーソースが添えられ、口に入れた瞬間に 二つの味が交じり合い予期せぬ体験が訪れます。
STK_1175 (2)_R
 カップに入った透明の寒天ボールは、温かい魚のスープを注ぐと一旦、 その姿を消し、そのスープを飲み干した時、それまで見えな かった寒天ボールがふたたび姿を表し、さわやかなシトラスの風味が 口の中に広がります。”TRANSPARENT(透明)”は、LEXUSが予見する 未来の驚きと感動の体験を比喩的に表現。
STK_1300 (2)_R
 またミラノサローネ中には「LEXUS DESIGN AWARD 2016」の候補者がインタビューを受けており、受賞者の発表も同時に行われていました。
STK_1295_R.jpg
1年以上
 STK_1162_R.jpg
 今年のミラノサローネは4月12日―17日までの日程で開催された。本格的な春の到来、そしてミラノに多くの人が世界中から集まる1大イベントであったが天候はおおむね良好で過ごしやすい日が続いた。
 今年は開催前の11日、プレスデーにトルトーナ地区を訪れた。ミラノサローネはフィエラ展示会場で行われる本会場と、フォーリサローネと呼ばれるミラノ市内のイベントに大きく分類されるが、トルトーナ地区はフォーリサローネの中心的な場所である。こうしたサローネの影響もあってかトルトーナ地区はこうしたイベントの時期だけでなく、若い世代を中心にしたファッション系のショールームや次々とショップが開店し発達を遂げている地域でもある。
 しかしサローネ期間のトルトーナ地区は知名度のため大きな企業が展示の場所を占めてしまい、デザインの祭典と呼ばれるミラノサローネにおいて、本会場と同じようにビジネス色が強くなったともいわれている。

Tatsunosuke Satake blog

作者:tatsunosuke satake

Tatsunosuke Satake blog

イタリア・ミラノ在住のフリーライター佐武 辰之佑のブログです。日々の生活を綴っています。ミラノのイベント、お店などの紹介もしています。

7日 48 総合 4779 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



tatsunosuke satakeさん新着記事



過去記事

tatsunosuke satakeさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆
2位 ミラノ駐在ブログ
3位 ミラノの日常 第2弾
4位 ビワの葉は凄ィっ!ってイタリア人に勧めてみる。+気まま雑記
5位 パドヴァのとっておき。
6位 Tatsunosuke Satake blog
7位 Rapporto!?da Genova(New)
8位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録