Welcome!

ミラノ駐在ブログ

290日前
みなさん、こんにちは!

8月末に日本に帰国して4カ月がたちました。
仕事もプライベートも忙しくて、帰国後はほとんど記事を書けませんでした。。。申し訳ありません。
今年は3月にミラノ出張があり、おいしいレストランにも行けたので記事にしたいのですが、まだできていません。。。

今年もブログを読んでいただきありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

1年以上
読者のみなさまへ

2006年初めから書き始めた「ミラノ駐在ブログ」は10年経ち、先週、訪問者数が100万人を突破しました!
これも全て読者のみなさまのおかげです。どうもありがとうございます!

書き始めたときは、一日当たり10人程度の訪問者数でしたが、少しずつ増え、1日300人くらいの訪問者があります。色々な記事を書いてきました。まさか100万人を突破するなどとは思ってもみなかったのでとてもうれしく、でも実感はあまりないですね。

最近は記事をあまり書いていませんが、以前書いたレストランのまとめなどを見ていただいている方が多いようです。

今後もがんばりますので、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。
1年以上

ミラノ万博は10月末で終了となります、みなさんはもう行きましたか?

もう終わり間近なので遅すぎて申し訳ありませんが、記事書きます。
トラベルコちゃんのサイトにて記事を書きましたのでご覧ください。

5年に一度の夢の祭典、テーマは”地球に食料を、生命にエネルギーを”

国際(万国)博覧会の歴史は古く、1475年のフランス物産展から始まったと言われています。1970年には大阪、2005年は愛知、2010年上海、そして今回2015年はミラノで行われています。

ミラノ西郊外に110haの広大な土地を使って、世界から140ヶ国が参加、会期は5月1日~10月31日までの184日間で、約2000万人の来場者が見込まれています。

 今回のテーマは"地球に食料を、生命にエネルギーを"ということで各国のパビリオンでは「食」に関する展示、ショー、物産、レストランなどがあり、観たり、参加したり、飲食することができます。

 会場は東西に横長に造られていて、メインストリートの距離は2km近くにもなります。地下鉄駅は西口側にしかないので、メインストリート沿いの建物を見るだけでもかなりの距離を歩くことになりますのでご注意ください。2005年愛知万博では、「アジア」、「ヨーロッパ」、「アフリカ」、「アメリカ」などに区分けされ、その中で各国のパビリオンがありましたが、ミラノ万博ではメインストリートの両脇に何の区分けもなく様々な国のパビリオン並んでいるので、区分けや格付けが嫌いなイタリア的で面白いです。
Milano3

 入り口すぐにある「パビリオン・ゼロ」では世界の異なる地域での食料不足の問題、食育の問題、遺伝子組換え物質といったテーマに対して、映像やリアリティの高いジオラマの展示、食に関する問題や現状をうったえています。

140ヶ国のパビリオンの中からいくつかお勧めを紹介します。
ダントツNo.1に素晴らしいのは日本館。日本のテーマはHarmonious Diversity(共存する多様性)、まず建物は、釘を使わずすべて木材、「立体木格子」、正面には色鮮やかな日本各県の銘酒樽が並び美しいです。
 館内50分間のショーでは、墨の書画、四季を表す浮世絵画像、日本の農村の四季の移り変わりの映像、「クールジャパンダイニング」の展示など。「ダイバーシティの滝」は滝から様々な日本料理の皿が流れ出てきて、スマートフォンを料理に当てるとコンテンツを取り込め、後から見ることができます。
Milano2

 次の部屋は食にまつわる地球規模の課題、問題などと、それに対する日本の解決方法の提案など。2005年愛知博のマスコット「モリゾーとキッコロ」が出てきて説明してくれます。
 最後は「トモロー・レストラン」ショー。座席前スクリーンで季節や素材、調理法などの選択肢から好みをお箸でクリックすると、それにマッチした料理が一人一人の前に映像で現れます。最後には日本からの映像とともに日本語で「いただきます」の 大合唱、盛り上がります。
 出口には和食フードコートで、天ぷら、寿司、すき焼き、カレー、懐石料理などをいただけます。

 次にお勧めはドイツ館、入り口で渡される厚紙を元に体験しながら食文化を勉強できます。フランス館は奇抜な展示、中国館は何千もあるライトのショーと映像による食文化の紹介など。小国のパビリオンは非常に小さく、来場者もほとんどいないのですが、その国のスタッフと話ができて、国の文化、情報を直接聞けるのでお勧めです、アゼルバイジャン、モルドバなど。
 中央にあるイタリアのパビリオンでは1000種類以上のワインを試飲できるエリアがあり、ソムリエがおすすめワインを教えてくれます。
その近くにある「生命の木」は夜になると噴水、光、音楽が一体となったショーがあるので是非見てください。
Milano1

 各国のパビリオン脇ではその国の料理を食べられるのでお勧めですが、食材、調理の制限があるので冷凍ものが多く少し残念です。筆者のお勧めは中央にある、イタリア中のおいしい料理が食べられる「Eataly(イータリー)」です。イタリア各州の名物料理、地域特産を食べることができます。中でもお勧めはカンパーニャ州、ナポリ名物のピッツァ、マルゲリータ。手作り生地とトマトソース、とろけるモッツァレラチーズ、バジルの組み合わせが絶品です。

 夏以降は来場者数が大幅に増加し、各パビリオンは数時間待ち、日本館は5時間超待ちという日もあります。
また、入り口のセキュリティチェックでは係員がすきを見て高級品、スマホなどを盗難するという事件も発生しておりますので十分お気を付けください。また荷物預け、ロッカーなどないので、身軽な格好で行きましょう。

 通常1日券は39ユーロと高いですが、19時以降のチケットは5ユーロと激安です。ただし、各パビリオンは20時ごろ閉館となりますのでご注意ください。

アクセスは地下鉄がおすすめ。1号線(M1赤線)で「RHO FIERA」駅下車、「フィオレンツァ(Fiorenza)」よりご入場いただけます。RHO FIERA用の往復5ユーロの切符を購入してください。ミラノ市内用の1.5ユーロ切符だと「RHO FIERA」改札の検問があった場合、30ユーロ程度の罰金を支払わされますのでご注意。

 次回万博は2020年、UAEのドバイで開催されます、今から楽しみですね。

ミラノ万博(Milano EXPO)公式サイト http://www.expo2015.org/it
ミラノ万博日本館サイト https://www.expo2015.jp/

実際にはたくさん写真あるので載せたいのですが、また今度載せますね!

1年以上

日本の旅行サイト、「トラベルコちゃん」をご存知ですか?
http://www.tour.ne.jp/

日本にいるときはよくトラベルコちゃんでフライトを購入していました。
月に2500万PVもあるというマンモスサイトです。

今年春にトラベルコちゃんの編集者から、現地口コミ情報としてミラノについて記事を書いてほしいということで、グルメ、観光、ショッピングなど合計55件の記事を書きました。数か月かかり、かなり調べて書いたので自分としては満足しており、みなさんのお役に立つかと思います。

よかったら記事を読んでみてください!

ミラノ、グルメ、35軒  
   
ミラノ、観光、14軒
   
ミラノ、ショッピング、6軒   

これを足掛かりに念願の本の出版をしたいです。
他にも記事、ネタはいろいろありますので、出版社の方などよかったら連絡ください!
shiroyuki11@gmail.com

よろしくお願いいたします。

1年以上
みなさんこんにちは。
いつもブログを見ていただき、どうもありがとうございます。

2006年1月からブログをはじめ、もうすぐ10年となります。最近はあまり記事を書いていませんが、レストラン一覧は今でもアクセス数がとても多く、お役にたっているかなと思っております。
今までブログを見ていただきどうもありがとうございました。

今現在、訪問者数は99万3千人を超えております。おそらく10月中旬ごろ、100万人に達する見込みです。
ブログ閲覧者数100万人というのは、開始当初は考えてもみませんでした。これも全てはみなさんのおかげです。いつも励ましのコメントなどどうもありがとうございました。

そしてこれからも細々ですが、記事は書いていこうと思っております。


あと、今まで、ブログでの収入は全くなかったのですが、アフェリエイトをはじめてみました。
ブログの右上にBooking.comのリンクを貼ってみました。
リンクの画像をクリックして予約をしていただければありがたいです。

さあ、ちょうど100万人の方はどなたでしょうか?

みなさん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ミラノ駐在ブログ

作者:シロユキ

ミラノ駐在ブログ

2005年9月からイタリア、ミラノで駐在員として働いてます。日本に帰るまでの目標はイタリアにある世界遺産41ヶ所全部回ること!イタリアでの生活、おいしい食べ物、サッカー、イタリアの綺麗な海などたくさんのことをお伝えしていきたいです。

7日 57 総合 1422 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



シロユキさん新着記事



過去記事

シロユキさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
2位 ミラノの日常 第2弾
3位 オレンヂ・ミラノ情報発信局
4位 ビワの葉は凄ィっ!ってイタリア人に勧めてみる。+気まま雑記
5位 Tatsunosuke Satake blog
6位 ミラノ駐在ブログ
7位 料理サロン La cucina di Giulio
8位 くまちゃんと一緒〜ナポリ人夫とのおバカ生活日記〜


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録