Welcome!

イタリアより食とワインと山の魅力を

26日前
第19回目のピノ・ネーロ・ビンテージ2014の試飲会がアルト・アーディジェで開催。

  18275180_1903828773208450_3879328354971019416_n.jpg

イタリアで一番重要なっピノ・ネーロのコンクールに参加した88種類のワインが試飲できると言う夢のようなイベント。
会場は、エーニャ村。ここはイタリア?と思ってしまうような(確かに公用語もドイツ語ですが・笑)きれいな山麓の村。

訳40名の審査員によって厳選された今回のトップ10は以下の通り。

      IMG_8957.jpg


同じポイントで4位が2つ。まずは4位から評価を。
リーゼルのグラスで試飲できるなんて、幸せそのもの。。。

     IMG_8921.jpg

④:Kellerei St.Michael Eppan ・ Sanct Valentin
日本でもおなじみのワイナリーのトップアイテム。ベリー系の香、バニラやシナモンの甘いスパイス香、ミント。
味わいもエレガントで女性的なワイン。きれいな仕上がり。
④:Castelfeder Riserva・Burgum Novum
淡いルビー色。最初はちょっとこもった香。キナエキス(って一般的な表現じゃないですね。。反省)。コカコーラ、石油系の香。
ほろ苦みが印象的、っと書くと、イメージダウンかもしれないけど、なかなか素敵なワインでした。
③:Weingut Plonerhof・Riserva・Exclusiv
反射光の美しいルビー色。ピノ・ネーロ独特の香。ベリー系の香。石油系の香。香が深い。
キレ味よし。
②:Elena Walchl Ludwig
ガーネットがかった淡いルビー色。フォクシー。カンゾウ。ミネラル。エレガント。
個性がしっかりしていて、一度飲んだらきっと忘れることができないワイン。ちょっとアフターが短いかな。。。
①:Klosterhof・Riserva
淡いルビー色。石油系の香、ミシン油。香がモワ~っと湧きあがってくる。
アフター長い。男性的。

   IMG_8925.jpg


トップテンには入っていなかったけど、私がとても気に入ったピノ・ネーロのコメントも。
*Maison Anselmet Giorgio・Semel Pater
ベリー系のフルーツ香。ミント。フォクシー。さまざまな香。
まろやか。塩味あり。アフター長い。パワフル。
これは、アオスタ州のワイナリーです。初めて彼のピノ・ネーロを飲んだ時の感動、、、今でも覚えています。標高1500mぐらいのところに畑があるらしい。アルト・アーディジェのピノ・ネーロにはないパワフルさが魅力的。

毎年5月に開催されるこのイベント。来年は20回目、、、ますます盛大になりそうです。
http://www.blauburgunder.it/?lang=it
88日前
ずぅ~とご無沙汰だったこのブログ。このままってもったいない! と言うわけで心を入れ替えて再開します。
ミラノに移り住んでもう、うん十年。。でもその前はトスカーナに住んでいました。ときどきトスカーナ料理が恋しくなります。

プリモ: 自家製ピーチのアリオーネソース
セコンド: ラムの黒トリュフソース
ワイン: DOCGブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

シエナ周辺で食べられるピーチ。おうどんに良く似ています。
自家製のピーチは、モチモチしていてやっぱり美味しい。定番アリオーネソース。ニンニクをたっぷり使います。白ワインを入れてトマトソースで煮込むと、不思議とニンニクの臭いが残りません!
         image3_20170326073254f13.jpg

セコンドはラムのロースト。ウンブリアの黒トリュフソースをたっぷり練り込んで、オーブンへ。
         image5.jpg

ドルチェは、西洋ニワトコ(サンブーコ)の実のジャムを入れたパイ。もちろんパイ生地もジャムも手造りです。
         image1_201703260732565d8.jpg

ワインは、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。有名なワイナリーじゃないけど、試飲会で気に行ってワイナリーへ直接買いに行きました。我が家のセラーに寝かすこと数年。。。。すっかり瓶熟して、最の味わいです。素敵なアグリツーリズモも併設しています。
         image4.jpg

生産者名:Quercecchio
ワイン名:Brunello di Montalcino
ブドウ品種:サンジョベーゼ 
ビンテージ:2007
http://www.quercecchio.it/it/


1年以上
久しぶりのアップです。
シチリアの北東に位置するエオリエ諸島を訪れました。
海の時期には、ちょっと早いのはわかっていたけど、トレッキングも盛ん、と知って食とトレッキングのために、いざ出発!
今の時期はパレルモからのフェリーは出ていないので、カターニア空港からバスでミラッツォ港へ。
火山性の7つの島からなるエオリエ諸島。まずは、1時間ほどかけて水中翼船でリーパリ島へ。7つある島の中では、一番俗っぽい。
初日のディナーはメインストリートの路地にあるL'Anfola(http://www.ristoranteanfora.it/)へ。白身魚の切り身に小麦粉をまぶし、オレンジ・レモン・キンカンの皮を加えた一品は最高。
    1_20150430014108a10.jpg

野生のミントのエキス入りパンナコッタも美味しい。
  2_20150430014110eec.jpg

翌日のディナーは、105年の歴史を誇るDa Filippino(http://filippino.it/)にて。30年前から一度は行きたい、と夢見ていたお店。シーフードのアンティパストの盛り合わせ、、、美味しい。
     3_20150430014112ce4.jpg

プリモはナスとトマトのソースのマカロニ。このソースの美味しさと言ったら。。。。。。!!! 
   4_20150430014115e65.jpg

メインは赤エビのフライ(これは今一)。ジャスミンの花のエキス入りムース。
     5_20150430014116dec.jpg

3日目はE Pulera(http://www.eolieexperience.it/it/home-epulera)。前述のDa Filippinoと同じ経営だけど、こちらのほうが断然上! ロケーションも素晴らしい。ちょうど私たちが行った時は、レモン・オレンジ・グレープフルーツの花が真っ盛り。その香りと言ったら。。。。。!
    6-0.jpg

アラルンガ(小型のマグロの一種)のカルパッチョ。
  6_20150430014302c02.jpg

エオリエ風スパゲッティ、リコッタのムース。
      7_20150430014306a82.jpg

もちろん毎回シチリアのワインをお伴に。。。。
8_20150430014307afc.jpg 11_20150430014450af0.jpg 12_20150430014452ebc.jpg

エオリエ諸島の一つ・サリーナ島はマルヴァジーアを乾燥させて作るデザートワインが有名。同じマルヴァジーアで作ったドライタイプは、香りにあふれる地元料理によく合う。

嬉しいのは、どのお店もデザートの後に、このデザートワインとクッキーをサービスしてくれること!
13.jpg 14.jpg


柑橘類をふんだんに使い、色鮮やかなエオリエ料理。。。。。今覚えば、7日間一度もお肉を口にしなかった。。。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
1年以上
世界的にビオワインの人気はとどまるところを知らないような気がする。
イタリアも同様。。。。とりわけ北イタリアでの消費者のビオへの関心は高まる一方。
とは言え、ミラノでは、なかなか本格的な試飲会がなかった。
それがついに2月に実現!
対象は、ビオ、ではなく手造りワインメーカー(直訳すると“職人がたきの生産者”)が集まった。

10997905_543896795751172_1059805815973562814_n.jpg


ビオ、ビオディナのワインが勢ぞろい。
スロベニアのMoviaはやっぱり捨てがたかったし、アルサーツィアのコスパのいいスパークリングも気に入ったし、2002年のシャンパーニュもとっても良かった。サルデーニャのDettoriも面白かった。
11002650_543896845751167_5562173725629087976_n.jpg IMG_2752.jpg



ビオはあまり好みじゃないんだけど、最近のビオ、とてもよくなってきてるのを実感。
そして。。。。。。あんなに飲んだのに、頭痛くならなかった! 
フランスチーズ(国内産も扱ってるけど)のセレクターので店があったんだけど、値段もお手頃。こんな値段でフランス各地のチーズが購入できるなんて、大感激。
アルサーツィアのスパークリングと合わせて、最高~~~!

モンタルチーノで開催されるブルネッロの試飲会に行かなきゃ行けなくて、Livewine一日しか行けなかったのが心残り。。。。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


1年以上
ミラノ万博開催まで後3カ月!
道路はまだ未完成、会場も未完成。。。。でもきっと、イタリアのこと。。。。当日になればすべてなんとか出来上がってるに違いない。
今までもすべてがそうだったから。。。。

そんな中で、ワインや食に関するいろいろな催し物が盛んになっているのはとっても嬉しい。
とりわけ2月は、恒例のFood & WineやIdentita` Golosaがあり、わくわくしてるのだけど、、、、今一番私が期待しているのがこれ!
LIVE WINE http://livewine.it/

Logo1.png

小規模の選りすぐりのワイナリーのワインに出合える!
畑から瓶詰めまでを自分たちで管理して行い、合成した化学薬品を使用せず、亜硫酸の使用量も抑えて作ったワインに出合えるチャンス!
期間は2月21日から23日まで。入場料もお手頃。
たった15ユーロ。気に入ったワインがあれば購入も可能です。
なかなかお目にかかれないワインも勢ぞろい、、、ぜひ行きましょう~~~!

イタリアより食とワインと山の魅力を

作者:ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知る

イタリアより食とワインと山の魅力を

1986年よりイタリア在住の筆者がイタリアのワイン、チーズ、食文化をご案内します。イタリアソムリエ協会のソムリエ、イタリア人にとっても難関のオフィシャルテースター(Degustatore Ufficiiale)、そしてイタリアチーズテースター協会(ONAF)の資格を持つ食のエキスパートです。

7日 14 総合 1159 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさん新着記事

Livewine..
1年以上



過去記事

ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Tatsunosuke Satake blog
2位 ビワの葉は凄ィっ!ってイタリア人に勧めてみる。+気まま雑記
3位 ミラノ駐在ブログ
4位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
5位 イタリアお気楽ネット生活
6位 パドヴァのとっておき。
7位 Belle e Felici
8位 くまちゃんと一緒〜ナポリ人夫とのおバカ生活日記〜


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録