Welcome!

イタリアより食とワインと山の魅力を

1年以上
ケニアの旅の報告は、一休みして、真面目にワインの話。

アンフォラ(素焼きの細長い壺)でワインを作るので、あまりにも有名なグラヴネル。
とは言っても彼がアンフォラでワイン醸造を始めたのは、10年ほど前。

彼の試飲会に集まった100人のファンを前に、緊張気味のヨスコ・グラヴネルがマイクを片手に話し始める。

DSC02189.jpg


今年、私は44回目のブドウの収穫をした。

私は、15歳の時から父の傍でワイン作りに携わってきた。

口数の少ない、でもいい父だった。

姉妹が4人、自分はたった一人の息子だった。

ワイン作りは、醸造ではなく、哲学である。

ブドウ畑に肥料をやってはいけない。それは恥ずかしいことだ、土壌を破壊してしまう。

散水もしない。多くの生産者が、ホルモンや肥料を混ぜた水を散水をしている。

培養酵母は化学物質。自然の酵母を私は使う。

自然が私たちに与えてくれるものを取り除いてはいけないし、そこに何か加えてもいけない。


口数は少ないけど、言葉を選び、すばらしいメッセージが伝わって来る。
衝撃的である。

アンフォラであまりにも有名な彼だが、それは何十年もかけて試行錯誤してきた結果なのである。
バリックも使ったし、温度管理ができるスチールタンクも使ってワインを作り続けてきた彼:

1987年に、ワイン作りを学ぶためにカリフォルニアに行った。

10日間で1000種類のワインを飲んだ。

そこで学んだのは、こんなワインを作ってはいけないっていうことだった。

温度管理ができるスチールタンクは、買って3年後に売り払った。


サービスされたのは、6種類のワイン。
ソーヴィニョン、ピノ・グリージョ、シャルドネ、リーズリング・イタリコの混醸で、樹齢、5年から50年のブドウで作ったBregと、リボッラ・ジャッラ100%のRibolla。

DSC02183.jpg


輝かしい琥珀色!
まずは、Breg2000。12日間かけて大樽でマセレーションしたもので、今日試飲する6種類のワインの中で、唯一アンフォラを使っていない。アプリコット、セージの香り、バランスもいい。
Breg2002。収穫後、アンフォラに入れ、翌年4月25日、26日に圧搾し、その後木の樽で熟成。きらきら光る琥珀色が魅力的。香りは、ちょっと閉じてる・・・大根の古漬け(と、周りのイタリア人に言ってもわかってもらえな~い!!!)。時間が経つにつれ、開いてくる。マッシュルームの香り。まろやかで、とろっとしていて、アフターが長い。素晴らしいバランス。
Breg2004。アンフォラで醗酵、その後圧搾して、またアンフォラで熟成。輝きを持った琥珀色。深い香り。柑橘系。辛み、塩味が特徴的で、アフターも長い。

私の好きな品種の一つ、リボッラ・ジャッラ。

DSC02182.jpg


まずは、Ribolla2002。アンフォラ使用。ネコのオシッコ。汗。バニラ。様々な香りが交差する。酸がきれい。アフターも長い。
Ribolla2003。アンフォラ使用。地中海のハーブの香り。バニラ。塩味がしっかり。濃い! 飲むと、濃いって感じる。どのくらい“濃い”のかって言うと、咳が出そうなくらい、なのである。
Ribolla2005。アンフォラ使用。さまざまな香りに包まれる。オレンジの皮。アルコールがしっかり。ジンジャー。

グラヴネルのワインはイタリアで購入しても50ユーロはする。
彼のワインは、通向きだと思う。このワインにこれだけのお金を出すかどうかは、個人差だと思う。
毎日飲むワインじゃない。
とびっきりのブルーチーズに、1杯この貴重なワインを傾けるのはいいかもしれない。

彼が発信したメッセージの中で私の一番のお気に入りは:

亜硫酸(酸化防止剤)無しでワインはできない。2000年前から人類が使ってきたものを、今、なぜ拒否しなきゃいけないのか?

2年前に、27歳だった一人息子をバイクの事故で亡くしてしまった彼・・・
その悲しみを乗り越えて、ますます素晴らしい貴重なワイン作りを続けてくれることを祈りつつ、ボローニャの町を後にした。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
1年以上
最近あまりワインのことブログに書いてないのだけど・・・

実はワイナリーに行ったり、例年のごとくワインのガイドブックの審査員を務めたり、念願だったメラーノというアルト・アーディジェ州の町で開催されたワインフェスティバルに行ったり・・・・と皆に内緒で(?)ワインの世界に浸ってました~~!

実は:日本ソムリエ協会の機関誌11月号に私が書いた記事が掲載されました!!
“新鋭3つのイタリア・スィート・ワイン”


読者の方に一人でも多く、楽しんで読んでいただけることを期待して書いたものです。
なかなか日本では手に入りにくい(ここ、ミラノでも入手困難!)3つのワイン。
読んでくださいね!

私の手元にはまだ本誌は届いていないから、ちょっとドキドキ・・・
でも読んでくださった方から、もう、メールをいただいた。うれしい!

隠れワイン活動(なんだ、こりゃ?)で、9月にボローニャで開催されたGravner(グラヴネル)の試飲会に行ってきた。
アンフォラでワインを作ることで、有名なグラヴネル。まさにその彼が出席しての試飲会。夢のようだ!

DSC02184.jpg

試飲したワインは以下の通り:

BREG 2000

BREG ANFORA 2002

BREG ANFORA 2004

RIBOLLA ANFORA 2002

RIBOLLA ANFORA 2003

RIBOLLA ANFORA 2005

DSC02182.jpg


コメント、次回書きま~す!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
1年以上
お待ちかねのサファリ編です!
写真が重すぎてごめんなさい! でも見る価値、絶対あり!!!
私たちが泊まっていた海辺のリゾートホテルから世界遺産であるツァボ(本当はツァーヴォなんだけど、日本じゃツァボって言うらしい・・・不満!)国立公園までは150キロほどの距離。この公園は面積が2100k㎡もあり、ウエストとイーストに分かれていている。
我々は2日間のオプショナルツアーでウエストを訪問。11人乗りのミニバスで移動。道は想像を絶するガタガタ道(あり得ないすごさ!)。ジープよりミニバスの方が、多少は乗り心地がいいから、とのホテル側の配慮である。
ミニバスはルーフが開くので、公園内は立ちあがって写真撮影ができる!
公園には何箇所かゲートがあり、そこからしか入場ができないようになっている。
公園のゲート:
DSC02412.jpg



ゲート近くのギフトショップの壁にいた色鮮やかな(鮮やか過ぎる・・・)トカゲ:
DSC02392.jpg


DSC02394.jpg




今は雨季ではないのに、2週間前、1週間も雨が降り続いた。飲み水欲しさに動物は姿を現す。ということは、今日のこの快晴ではあまり動物に出会えないかも・・・

という我々の心配を裏切り(?)、まずはシマウマ:
DSC02511.jpg


身長が6メートルもあるんだって・・・知らなかった・・・。生えている木の高さの倍ぐらいの背丈だから、目立ち過ぎ~~~! キリン:
DSC02676.jpg



バッファロー、水牛。ミルク絞ってモッツアレッラ作ろうかな~:
DSC02709.jpg



ゾウ・ゾウ・ゾウ:
DSC02716.jpg

近くに来ると・・・デ・カ・イ:
DSC02718.jpg


お母さんゾウの下に、すっぽり入っちゃってる子ゾウ(左側奥):
DSC02484.jpg


メスライオン:
DSC02529.jpg


実はメスライオンがず~っと座っていた後ろの岩に3匹の生後3カ月ほどの子供がいた!:
DSC02535.jpg


ちょっととぼけた顔してるんだけど、これがハイエナ:
DSC02654.jpg


ダチョウ。これはメス:
DSC02431.jpg


ホロホロチョウって野生が存在するって知らなかった・・・:
DSC02565.jpg


美しい角を持つガゼル:
DSC02682.jpg


珍しい! シマウマとガゼルが一緒にいる:
DSC02699.jpg

昼間はなかなか川から姿を現さないはずのカバの親子:
DSC02729_20111106073955.jpg


迫力ありすぎ~、ワニ:
DSC02402.jpg

私が一番感激したのは、チータ:
DSC02545.jpg



ディックディックを食べたばかりでお腹がパンパン!だから喉が渇いてたんだね・・・
DSC02556.jpg

道路を横切るチータ:
DSC02636.jpg

親子勢ぞろい:
DSC02620.jpg

キリンってなんかヒョウキンだよね:
DSC02704.jpg

では、次回もお楽しみに!
1年以上
ただいま~~!
無事ケニアから戻ってきました。
15か所ぐらい蚊に刺されたけど(刺されやすいタイプの私・・・)、今のところ元気!
マラリアの潜伏期間は40日ぐらいらしいけどね・・・

写真を期待してくださってる皆様!
そう、あなたはゾウとか、ライオンを期待してるでしょ?
行きました、サファリにも!
見ました、たくさん野生動物を!

でもまずは、皆様の期待を裏切って、あまり知られていないケニアの海情報から行きま~す!
そう、私たちはケニアの大西洋側のモンバーザの北、ワタームという海のリゾートホテルに滞在してたんです。

ホテルのレストランからの眺め:
DSC02287.jpg


夕刻になると、こんな感じ:
DSC022811.jpg


モルジブみたいに、ま~ッ白い砂浜。感激!
DSC02799.jpg

DSC02920.jpg

ボアボーアという木の幹をくりぬいて造った船の上の漁師:
DSC02873.jpg

こんなものが釣れる(ちなみに真っ赤な魚は、ハタとのこと!もちろん食用):
DSC02879.jpg

ピンク色のフラメンコ:
DSC02856.jpg

砂浜の動物たち:
DSC02303_20111105022358.jpg

DSC02323.jpg

タコ!!!
DSC02793.jpg

タコも地元の人の手にかかると:
DSC02800.jpg

これ、ヒトデ! オブジェみたい・・・
DSC02841.jpg

ということで、ケニア第1段は、ここまで。
サファリ編、ケニア人編、ホテル編、ケニア食編と続く予定(?)です。
ジャンボ~~!(ケニア語でチャオ、のこと)
1年以上
この夏であった動物たち:
標高2800メートルの無人小屋の囲いに飛んできた小鳥
DSC02222.jpg


その近くにいたアルプスアイベックス。立派な角、でも1本しか角がない・・・かわいそう・・・
DSC02218.jpg


私たちの山の家の積んである薪の間に巣を作ったヒガラ。
見えるかな~? 卵から孵って2週間ほどのヒナが初めて飛び立つ1時間前。
DSC01709_20111023231441.jpg

向かって右を向いてる、黄色いくちばしが目印だよ~!
          DSC01709.jpg


薪の間から取り出した巣。苔を使ってある。ふわふわだよ~!
DSC01783.jpg


孵化してすぐ死んでしまったらしいヒナ・・・
DSC01785.jpg


標高3000メートルのところで出会ったアルプスアイベックスの母子。
DSC01875.jpg


まだ幼いアルプスアイベックス。私たちに興味津津!
DSC01881.jpg

アグリツーリズモで飼っているイノシシの赤ちゃん
DSC02237.jpg

ズームアップ!!!
DSC02243.jpg

私は今夜からバカンスで(とは言っても翻訳の仕事をバカンス中もしなくちゃならないんだけど・・・)ケニアに行ってきま~す!!!

イタリアより食とワインと山の魅力を

作者:ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知る

イタリアより食とワインと山の魅力を

1986年よりイタリア在住の筆者がイタリアのワイン、チーズ、食文化をご案内します。イタリアソムリエ協会のソムリエ、イタリア人にとっても難関のオフィシャルテースター(Degustatore Ufficiiale)、そしてイタリアチーズテースター協会(ONAF)の資格を持つ食のエキスパートです。

7日 48 総合 1190 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさん新着記事

Livewine..
1年以上



過去記事

ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ミラノ駐在ブログ
2位 Tatsunosuke Satake blog
3位 料理サロン La cucina di Giulio
4位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
5位 ビワの葉は凄ィっ!ってイタリア人に勧めてみる。+気まま雑記
6位 ☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆
7位 ミラノ(イタリア)を制覇するブログ
8位 Sempre insieme ☆イタリア通信☆


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録