Welcome!

イタリアより食とワインと山の魅力を

1年以上
新年明けましておめでとうございます。

なんと1カ月以上も更新を怠っていたのを今気付いた私。。。。
イタリア時間、1月1日夜10時。雨。なのに、花火をあげている音が。。。。雨で花火?

まあ、良いか、ここはイタリア。

12月中旬から2週間、山籠りしていました。
山の家では、ネットに接続できないので、半分仙人のような暮らしをしていた。それもまた、良いんじゃないかと。。。
もちろん毎日滑っていました。結構本気で。
9日目に、つにギブアップ! 足(太もも、ふくろはぎ)の筋肉痛で。気合い入れすぎだったのかも。

その間、3つのスキーのレースを観戦。
12月18日、マドンナ・ディ・カンピーリオのワールドカップの男子スラローム。
トンバの時代には、ここのスラロームのレースはものすごい人気だった。
一度見てみたい、と思いつつも見れずにいた。
そして今回、なんと7年ぶりにここで、レースが行われることに!
スロープは、Tre Tre(トゥレ・トゥレ)と言う名前。要は3・3と言う意味。
滑降と、大回転、回転の3種目のレースを同時に行えるので、この名前にしたんだそうな。

ナイタ―のレースで、1本目の開始は17時45分。ゴールから100メートルほどの上のネット沿いに陣取る。
ナイター設備は抜群で、まるで昼間のよう。観客数15000人!
1本目はイタリア人3選手が6位以内に入り、観客のイタリア人の期待が高まる。我が湯浅選手は26位で今一つ。ゴール後、倒れ、起き上がれない。私がいるところからは、何が起きたかはわからなかった。。。
ホットワインのサービスもあり、1本目と2本目のレースの間には、近くの公園で食事もできる至れり尽くせりのサービスぶり。


2本目。1本目26位につけていた湯浅が5番目にスタート。
完璧な滑りでゴールするが、そのまま倒れて起き上がれないでいる。
スキーを外してもらい、抱きかかえられるようにして、お立ち台へ。その時点でベストタイム。
1本目、湯浅より良いタイムを出した選手が次々とスタートするが、彼の合計タイムも上回る選手はいない。
選手にとって、ゴールが見えてくる最後の斜面の左右に振ってある旗門でミスを犯す選手が大半である。
もしかして、この様子なら、10位入賞も???とワクワクしてくる。
用意した“ガンバレ湯浅”と書いたブラカードをかざして、湯浅~~っと叫ぶ。
隣にいた知らないイタリア人も、湯浅素晴らしい!っと言って一緒にYuasa~って叫び始めたもんだから、コースの反対側にいたイタリア国営放送RAIのカメラマンが、私たちをキャッチ!
私(正確に言うと、私のブラカード)の映像が、世界中に!!!
キャ~~~! 私有名人???

ベストタイムを出したお立ち台にいる湯浅。お立ち台で立っていられず座っているっと隣のイタリア人が心配そうに私に教えてくれる。後で知ったのだが、椎間板ヘルニアが悪化したとのこと。よくぞその痛みに耐えて、あんな完璧な滑りができたものだ。アンタはすごい!

1本目6位以内につけたイタリア人が皆失敗して、彼らの3位入賞の夢が消えていく。
なんとなんと、1本目26位だった湯浅は3位になったのだ!


もしテレビの前でこの試合を見ていたら、感動できっと涙していただろう。。。
3位入賞の夢を逃した地元のイタリア選手には気の毒だったけど、湯浅、本当に素晴らしかった。

オーストリア人ヒルシェ(先シーズン、トキしながら平気でゴールした選手)の滑りは完ぺきだった。あのパワフルで安定した滑り。。。私自身も彼のことは好きじゃないし、この場で知ったんだけど、大半のイタリア人も彼のことが嫌い。。。ヒルシェは確か22歳ぐらいだから、これから10年以上も彼の栄光の時代が続くんだろうか。。。

迂闊にもデジカメを忘れたので、写真無しだけど、ぜひこのビデオを見てほしい。
3位の湯浅と1位のヒルシェの滑りを重ねたビデオで見づらいかもしれないけど一見の価値あり!
http://www.youtube.com/watch?v=n0brVbvLYbE

ゴール終了夜10時近く。車で1時間半ほどの別のスキー場に移動しなきゃいけないのだけど、どうしても3位で表彰される湯浅の姿が見たくて居残る。
マドンナ・ディ・カンピーリオの町を “ユアサ~~、3位! 表彰台~~~、ユアサ~~~、ブラヴォ~~!!” とブラカードをかざしながら叫ぶ私。
沢山の人が私に拍手してくれ、握手まで求められ、最後には一緒に写真撮って、って言われる。
あのね、凄いのは私じゃなくて、湯浅なのよ。でもいいか、喜んでくれるんだもの!
うれしいね~。

湯浅選手、素晴らしい感動をありがとう。
ヘルニアが良くなるよう祈ってるよ。

1年以上
今年もイタリアソムリエ協会ロンバルディア州のガイドブックが完成!

今までは秋にテースティングをしていたのだけど、今回は8月に審査を実施。
暑い中、フルボディーの赤ワインをテースティングするのは大変だったけど。。。。

ガイドブックのお披露目式:

DSC01186.jpg


このガイドブックが出版されるようになって、今年で8年目。
思えば、私が審査員を務め始めてもう数年経つ。今回は50人ほどのメンバーで4日間かけてテースティングを行った。
年々立派に、そして充実していくガイドブックを手にすると、やっぱりうれしい。
ロンバルディア州の選び抜かれた225社、759種類のワインが掲載されている。
それぞれのワイナリー情報、そしてワインの生産本数、ブドウの種類、醸造方法、培養酵母使用か否か、酸化防止剤含有量等が、見やすく詳細に記載されている。そして、消費者にとって一番気になる値段も書いてある便利なガイドブック。
ここに載っているワインは、全て我々審査員がブラインドテースティングしたもの!
各審査員が点数を与え、それを集計した結果である。
ロンバルディア州のワインを知る上で、これ以上の手引きはない。

え? でもロンバルディア州のワインって、どんなの?って思う方に:
スパークリングワインでシャンパーニュに次いで重要なフランチャコルタ、フルボディーの赤・ヴァルテッリーナ、最近めきめき良質なものが登場しているオルトゥレポー、貴重なデザートワイン・モスカート・ディ・スカンツィオ、きりりとした飲み心地とコスパの良さが売り物のルガーナ、等々。

お披露目会には、なんと、1965年にイタリアソムリエ協会を創設したJean Valenti氏も参加。
彼は、フランス人で、当時すでにパリでソムリエとして知られており、ソムリエの必要性を感じたミラノの著明レストランが、彼をイタリアへ呼び寄せた。Valenti氏は、イタリアの現状を見て、ソムリエの仕事の重要性を伝えるために、イタリアにソムリエ協会を創立し、最初の教鞭をとったのである。
彼のイタリアソムリエ協会の会員証を見せていただいた。

ナンバー “1”!!!

イタリア女性と結婚して、もう長い間イタリアに住んでいらっしゃる。
ミーハーかもしれないけど、一緒に写真を撮らせていただく。
DSC01189.jpg
お披露目会の後開かれたルガーナワインの試飲会で、お元気にワインを試飲していらした。
いつまでも、お達者でいられますように、と祈らずにはいられなかった。

この優れものガイドブック、今年から、イタリア各地にある本屋Feltrinelliでもお買い求めいただけるようになりました。
ロンバルディア州のワインに興味のある方、必見です!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村






1年以上
イタリアのクリスマスのスィーツとして欠かせないパネットーネは、ミラノ生まれ。
その歴史、伝説等は以前のブログを見てね!
http://blogmilanobaita.blog95.fc2.com/blog-entry-31.html

今日、明日、2日間にわたり、ミラノで第5回パネットーネ大会 (http://www.repanettone.it/RePanettone/home.html)があると言うので、出かけてみた。
見当をつけて会場の方向に進んで行くと、中身はパネットーネだってすぐわかるケースを持った人たちに沢山すれ違う。
あのね~、クリスマスまでまだ1カ月あるのに、もう今パネットーネ食べちゃうのかい?
それともクリスマスまでとっておくのかな???
イタリア中から集まったパネットーネ職人、約40社。
北は、なんとスイスから、そして南はシチリアから集まった職人さんたちが、自慢のパネットーネをその場でカットして試食させてくれる。
入場料はただ。
たいして人も集まらないだろう、って甘く考えていた私が見たのは:

DSC01171.jpg


試食したくてもパネットーネまでたどり着けない、前に進めない、暑い!!!

いやあ~、ミラノの人ってこんなにパネットーネが好きなんだ!
スーパーで安売りしてルパネットーネを買うのが一般的なのかと思ってたのに、どうして、どうして。。。。皆こだわりがあるんだ!
(とは言っても、まる一日かけてパネットーネ作るアホは私ぐらいかもしれない)

大半の職人さんは、3種類以上のパネットーネを作る。
クラシックタイプ(干しブドウ、砂糖漬けフルーツ入り)、上にお砂糖やアーモンドが乗っているタイプ、チョコレートが生地に混ぜてあるタイプ、砂糖漬けのフルーツではなく、アプリコットや、干しイチジクを混ぜ込んだもの、全粒粉で作ったもの、バターじゃなくてオリーブオイルで作ったもの。。。。。

3個ずつ40社のパネットーネを試食するのは無理だ~~~!
で、クラシックタイプのみに絞って、30社ぐらい制覇。血糖値が上がっちゃったかも?
砂糖漬けのフルーツは高めなので、ふんだんに入ってないものが多い。
これは失格!
日本人の私としては、甘すぎるのもダメ。
そして、キメが細かいことが大事だと思う。
後は、バターの風味を堪能できるかどうか。

DSC01177.jpg  DSC01178.jpg

賞味期限は15日から3カ月ぐらいまで様々。値段は1キロ20~25ユーロ。
混んでいていろいろ質問できなかったのが残念だけど、ある職人さんは、卵黄だけを使ってるって言ってた。
1キロに何個使うんですか?と聞いたら、困り果てて、、、、そりゃそうだ、彼らは100キロ単位でパネットーネ作るんだもの! そして、卵黄だけを重さ単位で仕入れて使ってるんだって。
そうだよね、1個1個卵割ってたら日が暮れちゃう!

こんな可愛いパネットーネも。子供にプレゼントしたいな~!

DSC01176.jpg


ミラノの有名なパティシェ、Ernst Knamも参加してた。彼のは、やっぱり美味しい。
腕利きのパティシェが沢山いるので知られるトスカーナのプラトからも2社参加。
そのうちの一人のパネットーネはオリーブオイルを使いバジリコとクルミ入り。実際に使っているエキストラバージンオイルまで展示してあり、クラシックタイプだけを試食すると決めてたのに、思わず手を伸ばしてしまった。
バジリコの香りが程良く口に広がり、最後のオリーブオイルの香りが残って何とも言えない美味しさ。
日本に輸出できないかな~って思って賞味期限を聞いたら、たったの15日。
フレッシュなバジリコが入っているから日持ちしないんそうだ。

DSC01172.jpg DSC01174.jpg
左がErnst Knam氏作のパネットーネ。右はSignorini氏のオリーブオイル、バジリコ入り(ケースもお洒落)。

ミラノの郊外の著明なパティシェComiも参加。オーナーが、ミラノの人は低いパネットーネが好き、ミラノの郊外の人は高いパネットーネを好むって教えてくれた。それが伝統なのだとのこと。
低いのも高いのも生地は全く一緒で、生地を入れる型の高さが違うだけ。

パネットーネセミナーもあったけど、もう終了しちゃった後。残念!
来年は、パネットーネセミナーに参加して、もっと知識を高めなくちゃ。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
1年以上
待望の初滑り!
プレゼーナスキー場。
標高3000メートル。

DSC01116.jpg

今シーズンは11月1日にオープン。
先週は、イタリアのナショナルチームがトレーニングをしていたんだって。
すっごく硬いバーンだったらしい。
初滑り 
楕円形の枠が、ご愛敬(これでもがんばって作成したんだからね!)

ラッキーなことに日曜日に降った新雪のせいで最高のコンディション!
寒くないし、天気はいいし。

DSC01113.jpg


滑ってるのは、インストラクターとその卵たち。
一般スキーヤーは私たちぐらい。
目の保養にもなる。

さあ、今シーズンもがんばるぞ~!
1年以上
今日はソムリエ協会のオフィシャルテースターのためのセミナーに参加。
私たちは、毎年出版されるロンバルディア州のワインガイドブック、Viniplusの審査員を務めている。
審査員である私たちのレベルをより高いものにし、又全員が似通った判定ができるようになるためのセミナーである。

会場のフランチャコルタのワイナリーVignenote (http://www.vignenote.it/)には、50人ほどのオフィシャルテースターが集まった。
ブラインドテースティングで、まず最初はクロアゼ(オルトゥレポーのロゼのスプマンテ)6種類。
次はオルトゥレポーのリーズリング5種類。
最後はオルトゥレポーのピーノ・ネーロ6種類。
作り手の見解も重要、というわけで、ワイナリーLe Fracce(http://www.lefracce.it/)のエノロゴ、Gerbino氏も参加。

エノロゴならではの貴重な説明が入る。例えば:
ピーノ・ネーロでロゼのスプマンテを作るのは、大変難しい。クロアゼ自体まだ新しいワインであり、こういう色であるべき、という指標がない。色を見ただけで惑わされないように。

鮮やかなチェリー色から、淡い玉ねぎの皮の色まで様々だ。

DSC01109.jpg

大半のオフィシャルテースターが高い点数を与えたのは、Mazzolino社(http://www.tenuta-mazzolino.com/)のもの。
ミッレジマートではないけど、ビンテージ2007年が最初だと思う。たぶん今日飲んだのは、2008年だろう。
2007年もよかったけど、これもいい。私の評価も一番良かった。バランスがいいし、ボディーもしっかりしている。
リーズリングは、オルトゥレポーでは、なかなかのものができる。もちろんアルサーツィアのような、石油系の香に出会うことはまれだけど。。。

ここで又エノロゴの貴重な一言:
粘土質の土壌で育つリーズリングはあまり香に恵まれず、平ったい出来になる。

ここでもめたのは、ちょっと残糖分があるのか?と思えるようなまろやかなリーズリング。ワイナリーConte Vistarino(http://www.contevistarino.it/it/home.asp)。
高く評価する人と、反対する人とで意見が分かれた。
個人的には、まろやか過ぎて好みではない。
今調べたら、やはり遅積みしているようだ。西洋イラクサを醗酵させたような香もちょっと気になる。
でも、私が思うには、お刺身に多めにワサビを添えるなら、このリーズリングが合うし、ワサビ無しで食べるなら、ワイナリーTorrevilla(http://www.torrevilla.it/)のGenisioのリーズリングをお勧めしたいな~。
不謹慎にも、皆が大もめしている中、私はのんびりそんなこと考えていました。。。

最後はピーノ・ネーロ。
評価が良かったのは、エノロゴのワイナリーLe Fracceのもの。

6種類サービスされたうちの最後のワインの香を嗅いだ時、何の迷いもなく、すぐどこのワイナリーのものかわかった。
MazzolinoのNoir!!!
このFoxsyな香が私は苦手。。。どうしてもダメ。以前に比べるとその強烈さ(私にとって、これは強烈なのだ)は緩和されてきたとは思うけど。。。
もちろん、皆の評価が一番高かったのはこのワイン。
いいさ、私が評価できないだけさ!
でも、不思議なのは、この香を嗅いで、私はすぐどこのワイナリーのものか分かったんだけど、分からなかった人が大半みたいだった。
と言うことは、皆にとって、この香は煩わしいものじゃない、そしてこの香を私ほど強く感じないわけだ、と。
香って不思議。。。。。

昼食前に、ワイナリーを見学。レストラン・ホテルも併設してるとってもお洒落なロケーション。
フランチャコルタに行かれる方にお勧め!(http://www.borgosantagiulia.it/)
宿泊代も施設の素晴らしさの割には、良心的!

スプマンテの瓶内の圧力をはかる装置

DSC01110.jpg


充実した一日だった。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


イタリアより食とワインと山の魅力を

作者:ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知る

イタリアより食とワインと山の魅力を

1986年よりイタリア在住の筆者がイタリアのワイン、チーズ、食文化をご案内します。イタリアソムリエ協会のソムリエ、イタリア人にとっても難関のオフィシャルテースター(Degustatore Ufficiiale)、そしてイタリアチーズテースター協会(ONAF)の資格を持つ食のエキスパートです。

7日 614 総合 1143 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさん新着記事

Livewine..
1年以上



過去記事

ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 料理サロン La cucina di Giulio
2位 オレンヂ・ミラノ情報発信局
3位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
4位 Tatsunosuke Satake blog
5位 ミラノ駐在ブログ
6位 イタリアより食とワインと山の魅力を
7位 ミラノの日常 第2弾
8位 イタリアお気楽ネット生活


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録