Welcome!

イタリアより食とワインと山の魅力を

1年以上
今日はソムリエ協会のオフィシャルテースターのためのセミナーに参加。
私たちは、毎年出版されるロンバルディア州のワインガイドブック、Viniplusの審査員を務めている。
審査員である私たちのレベルをより高いものにし、又全員が似通った判定ができるようになるためのセミナーである。

会場のフランチャコルタのワイナリーVignenote (http://www.vignenote.it/)には、50人ほどのオフィシャルテースターが集まった。
ブラインドテースティングで、まず最初はクロアゼ(オルトゥレポーのロゼのスプマンテ)6種類。
次はオルトゥレポーのリーズリング5種類。
最後はオルトゥレポーのピーノ・ネーロ6種類。
作り手の見解も重要、というわけで、ワイナリーLe Fracce(http://www.lefracce.it/)のエノロゴ、Gerbino氏も参加。

エノロゴならではの貴重な説明が入る。例えば:
ピーノ・ネーロでロゼのスプマンテを作るのは、大変難しい。クロアゼ自体まだ新しいワインであり、こういう色であるべき、という指標がない。色を見ただけで惑わされないように。

鮮やかなチェリー色から、淡い玉ねぎの皮の色まで様々だ。

DSC01109.jpg

大半のオフィシャルテースターが高い点数を与えたのは、Mazzolino社(http://www.tenuta-mazzolino.com/)のもの。
ミッレジマートではないけど、ビンテージ2007年が最初だと思う。たぶん今日飲んだのは、2008年だろう。
2007年もよかったけど、これもいい。私の評価も一番良かった。バランスがいいし、ボディーもしっかりしている。
リーズリングは、オルトゥレポーでは、なかなかのものができる。もちろんアルサーツィアのような、石油系の香に出会うことはまれだけど。。。

ここで又エノロゴの貴重な一言:
粘土質の土壌で育つリーズリングはあまり香に恵まれず、平ったい出来になる。

ここでもめたのは、ちょっと残糖分があるのか?と思えるようなまろやかなリーズリング。ワイナリーConte Vistarino(http://www.contevistarino.it/it/home.asp)。
高く評価する人と、反対する人とで意見が分かれた。
個人的には、まろやか過ぎて好みではない。
今調べたら、やはり遅積みしているようだ。西洋イラクサを醗酵させたような香もちょっと気になる。
でも、私が思うには、お刺身に多めにワサビを添えるなら、このリーズリングが合うし、ワサビ無しで食べるなら、ワイナリーTorrevilla(http://www.torrevilla.it/)のGenisioのリーズリングをお勧めしたいな~。
不謹慎にも、皆が大もめしている中、私はのんびりそんなこと考えていました。。。

最後はピーノ・ネーロ。
評価が良かったのは、エノロゴのワイナリーLe Fracceのもの。

6種類サービスされたうちの最後のワインの香を嗅いだ時、何の迷いもなく、すぐどこのワイナリーのものかわかった。
MazzolinoのNoir!!!
このFoxsyな香が私は苦手。。。どうしてもダメ。以前に比べるとその強烈さ(私にとって、これは強烈なのだ)は緩和されてきたとは思うけど。。。
もちろん、皆の評価が一番高かったのはこのワイン。
いいさ、私が評価できないだけさ!
でも、不思議なのは、この香を嗅いで、私はすぐどこのワイナリーのものか分かったんだけど、分からなかった人が大半みたいだった。
と言うことは、皆にとって、この香は煩わしいものじゃない、そしてこの香を私ほど強く感じないわけだ、と。
香って不思議。。。。。

昼食前に、ワイナリーを見学。レストラン・ホテルも併設してるとってもお洒落なロケーション。
フランチャコルタに行かれる方にお勧め!(http://www.borgosantagiulia.it/)
宿泊代も施設の素晴らしさの割には、良心的!

スプマンテの瓶内の圧力をはかる装置

DSC01110.jpg


充実した一日だった。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


1年以上
10月のピエモンテ。。。。。
バローロやバルバレスコの生まれるランゲ地方。
例年より2週間ほど早くブドウの収穫が終わり、人気のないブドウ畑。

DSC01063.jpg

DSC01053.jpg

DSC01095.jpg


この美しさに、余計な言葉はいらない。

ネッビオーロと言うブドウの品種。
これは樹齢80年近くのネッビオーロ!

     DSC01052_20121110053018.jpg

ネッビオーロと言う名前は、ネッビア(霧)と言う言葉からきた、と言われる。
ネッビアが出るころに収穫するブドウだから。

DSC01046.jpg



ワイナリーでは、バローロになるマストのアルコール醗酵が終わりつつある。
飲ませていただいた。
フルーツの香り、まだまだ青いタンニン。ネッビオーロとは思えない濃い色。

     DSC01056.jpg


レストランでは、白トリフづくし。。。。

DSC01065.jpg

DSC01093.jpg



今年は白トリフの値段が去年の倍近く。。。。冬は雪が少なかったし、夏は雨が降らず、猛暑だった。秋になっても気温が下がらない。
だから、白トリフが不作。。。。
アルバのトリフ市での白トリフの値段は、一キロ500ユーロ前後。

これから寒くなるのだろうか。。。。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


1年以上
ハードスケジュールだった10月もおしまい。。。。
10月最後の日曜日、1ヶ月ぶりに山の家へ。ミラノを出発した時から降っていた雨が、山に近くになり、みぞれに変わる。
山の家に着くころは、雪に。。。。。
エ~? まだ10月だよ~!
午後になって雪はどんどん本格的に降り、夕方には30センチの積雪に!

DSC01075.jpg  この景色、まるで2月。

翌日、Ponte di legnoの町のレストラン、Kroへ。
DSC01085.jpg 写真が真っ黒で何もわからない。。。。ごめんなさい!

久しぶりだったけど、私たちのことを覚えていてくれた。(そりゃそうだ、ここに来る日本人なんて、私だけだろうから)
内装は山の雰囲気にあふれるとってもとっても魅力的なお店。(食べるのに夢中で内部の写真、撮り忘れ!)
http://www.ristorantekro.it/
レストランのHPの写真、見てください、内装の素晴らしさがわかるから。

アンティパスト
DSC01076.jpg DSC01078_20121102071625.jpg
左:塩味のタルトとリンゴ、チーズのソースを添えて
右:地元のチーズのテリーヌ、蜂蜜とクルミ添え
*タルトは優しい味わい。テリーヌ、こってりとしててチーズ好きにはたまらない!

プリモ
DSC01080.jpg  DSC01079.jpg
左:栗の粉入りのタリアテッレとラディッキオ・ロッソ
右:地元の黒トリフがけのオルツォット
*栗の粉から来る甘さとほろ苦身と、ラディッキオの苦みが合わない!
*オルツォットは、オルツォ(大麦)をリゾット風に仕立てたもの。これは、今日のヒットだった!

セコンド
DSC01081.jpg DSC01082.jpg
左:コテキーノ、ほうれん草添え
右:牛の頬肉の煮込み、ポレンタ添え
*コテキーノ、いつ食べても美味しい。ほうれん草のゆで加減が最高だった。
*じっくり煮込んだ頬肉は、柔らかくてグー!

ドルチェ
DSC01083.jpg  DSC01084.jpg
左:栗入りのセミフレッド(アイスケーキ)
右:シナモン、ナツメグ入りの赤ワインのグラニータ
*1週間前だったら美味しかったかも知れない。。。どちらもこの寒さには辛いドルチェだった。

ワイン
      DSC01086.jpg
ネーロ・ダーヴォラの果実味とカベルネのピーマン系の香りが見事にマッチしたシチリアのフルボディーのワイン!


大満足のディナーを終えて、車に乗り込む。
温度、マイナス7℃!!!
おいおい、まだ10月なんだぞ~。

この分なら、来週は初滑りができそう。。。。わ~~~い!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村






1年以上
なかなか更新しないぐ~たらの私が、、、、、もうひとつブログを始めました。
我が家のご飯を紹介しながら、料理とワインの相性を知るお役にたてれば、と思って。
日本では手に入りにくい食材もあるけど、手軽にできるお料理をなるべく紹介するつもりです。
もし、お暇があったら覗いてくださいね。

http://tuttaitalia.blog.fc2.com/

にほんブログ村 イタリア料理(グルメ)


1年以上
ちょっと前のことだけど、面白いポルチーニに出会った。

1つのポルチーノの傘から、又別のポルチーノが生えてる。
親子ポルチーニ。

DSC00766.jpg



仲良く一緒のポルチーニ、仲良く一緒にいただきました。

イタリアより食とワインと山の魅力を

作者:ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知る

イタリアより食とワインと山の魅力を

1986年よりイタリア在住の筆者がイタリアのワイン、チーズ、食文化をご案内します。イタリアソムリエ協会のソムリエ、イタリア人にとっても難関のオフィシャルテースター(Degustatore Ufficiiale)、そしてイタリアチーズテースター協会(ONAF)の資格を持つ食のエキスパートです。

7日 36 総合 1170 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさん新着記事

Livewine..
1年以上



過去記事

ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
2位 パドヴァのとっておき。
3位 くまちゃんと一緒〜ナポリ人夫とのおバカ生活日記〜
4位 ミラノ駐在ブログ
5位 イタリア料理とイタリアワイン
6位 ミラノ(イタリア)を制覇するブログ
7位 Tatsunosuke Satake blog
8位 イタリアより食とワインと山の魅力を


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録