Welcome!

イタリアより食とワインと山の魅力を

1年以上
ひえ~~~、最後の更新をしてから2カ月。。。。。
アンタ、何してたん??(なぜか、関西弁)
ハハ~~、母が来てたんです(シャレのつもり。。。。)

そう、親孝行のふり、してました(疲れた。。。)
なんて、悪たれつけるのも、元気な母のお陰!
バカ娘でごめんなさ~い!
でも、内心感謝してま~す。
いつまでも元気でね。

今回は母+私の連れ+連れの母、計4人でギリシアのロードス島へ。
4月に連れが叫びました、今年の夏はギリシアへ行こう~!!
言うのは簡単、でもツアーを探すのは私の役目 (って言ってもいやじゃないんだけど)
EUから離脱する?等々経済不安定のギリシア、、、、だからツアー費も安いに違いない、な~んて思ったら大間違い!
必死に探して、とってもお得なホテルを見つけた!
私たちのバカンスは、いつも一ヶ所滞在型。ロードス島の海辺のコリンビアと言う町の5つ星のリゾートホテル。
5つ星、5つ星!!!
きゃ~~、なんてリッチなの~~~!
初日、ホテルに到着したのは夜の11時過ぎ。部屋のベランダからは、海と、夜はイルミネーションが美しいプールが見下ろせる。デザイン型ホテルで、全室ジャグジーバス付き。
DSC00100.jpg DSC00110.jpg
夜になるとプールの底にライトがつき、何秒おきかで色が変わる。。。

ドイツ系のホテルのせいか、プールはもちろん、敷地内どこも清潔。(イタリア系だったら、こうはいかないね!)
hotel.jpg DSC00369.jpg

3食ともビュッフェ、ショークッキングもある。毎回変わるすごい量のデザートには、大満足!
   DSC00229.jpg
私のお気に入りのドルチェ。アーモンド、あるいはココナッツを薄いパイ生地で包んで揚げ、蜂蜜に浸してある(カロリー高そう。。。)

そして物価の安さ。ガソリンはリッター1,80ユーロで、安くはなかったけど、レンタカーは走行380キロの新車が3日間で70ユーロというお手頃さ。
まずは世界遺産の村、リンドスへ。真っ白い家々の奥に見えるアクロポリス。
DSC00118.jpg DSC00139.jpg
DSC00137.jpg DSC00172.jpg
アクロポリスの遺跡で眠りこける子猫。
聖パオロが布教のために上陸したと言われる地に建つ真っ白な教会。

翌日はバタフライ・バレー(蝶の谷)へ。ちょうど蝶が孵化する時期で、何十万羽と言う蝶がひしめき合っている。羽を広げると、下からオレンジ色の部分が見えて、とてもきれいだけど、こうたくさんいると、ちょっと気味が悪くなりそう。。。。
DSC00203.jpg DSC00216.jpg


夕食後にロードスの町へ。狭い道の両脇には、お土産物屋がひしめき合っている。
観光地特有のしつこい客引きもいないので、お店に入ったり出たり、の繰り返し!

翌日は俳優アンソニー・クインにゆかりのある彼の名前がついた浜辺へ。
DSC00362.jpg DSC00121.jpg

岩礁もあり小さな湾になっている。遊覧船が次々と入って来る。とは言っても遊覧船は沖に停泊しているから、泳ぐのには邪魔にはならない。湾のせいなのか、沖に行っても水温が変わらないし、波もないから、いっくらでも泳げる!お魚になった気分!!

次の日は、ロードスの町の観光。
14世に建てられた騎士団長の宮殿へ。KOS島から持ち運ばれた美しいモザイクに見とれる。
DSC00306.jpg DSC00296.jpg DSC00300.jpg DSC00342.jpg
ロードスの象徴、2頭の鹿を間を入って来る船。

中世と現代がミックスした不思議な街。街の一角でギリギリと照りつく太陽の基、ツルハシ1本で遺跡を発掘している人を発見!!! あり得ないよ~~~!!!
   DSC00331.jpg

大満足だった7日間。
ロードス島の高台からは海の向こうにトルコが見える!
   DSC00221.jpg
1年以上
やった、やったぞ~~~!!!
ついに、ホームページを作り上げた!このアナログが自慢の私が、ひとりでコツコツ作りあげたホームページ。
2、3年前(よく覚えてない。。。)作ろうと思って、いろいろ調べた時点で挫折。
でも、今年の4月にふと又思い立って挑戦。今回は、ついに完成にこぎつけた。
途中、もうダメ、って弱音をはきそうになったんだけど。
いろいろな方のサイト、ブログを参考にさせていただきました。
ありがとうございます。
ド素人なので、醜い、、、じゃなかった、見にくい、魅力に欠けるホームページだと思いますが、お許しを~~~!
徐々に改善する予定で~す。
とりあえず、お暇な貴方! 見てくださいませ!

http://italiaitaliaitalia.web.fc2.com/

なに?名前があまりにもシンプルだって?
シンプル・イズ・
1年以上
遂に発売!!!

待ちに待ったミラノのドゥオーモの日本語版ガイドブック

誰も待ってなかったよ~。。。なんて、冷たいこと言わないでね。
去年の夏から秋にかけて私が手がけてきた(そう、私が翻訳したのです!!)ドゥオーモのガイドブック。
写真満載。本当に写真が素晴らしい!

DSC00001.jpg

112ページ、手頃な大きさ、これ一冊あれば、ミラノのドゥオーモの歴史からモニュメントまですべてがわかります。
イタリア語、英語版はすでにあったのですが、今回改訂版が出版されるにあたり、新たに、日本語版も作ることに。これを決めたのは、ドゥオーモのお偉方。うれしいですね!

現時点では、ミラノのドゥオーモ内のブックショップのみで扱っている限定版です。
10ユーロ。
中身を考えたら決して高くはないと思います。って、私が言っても信憑性に欠けるけどね。

ぜひ皆様ご購入くださいませ!
1年以上
イタリアで起きた地震を心配してくださった皆様、どうもありがとうございます。

そもそも私が生息する(?)ミラノは湿地帯なので、地震は起きない所・・・だったはずなのに・・・・

ミラノには20年以上住みついてるのだけど、ここ何カ月かでこれが2度目の地震!
それまでは、一度も地震に出合ったこと無し。
2度目、と言うのはあくまでも私が感じた回数で、地震自体は5回ぐらいあったみたい。
震源地はエミーリア・ロマーニャの方。

夜中の4時ごろの地震で、もちろん寝てて気づいたのだけど・・・
あれ~? 地震???
自分はどこにいるんだっけ? 日本? いや、ミラノだ・・・
起きたってしょうがないし、てなわけで、またそのまま眠りに落ちました!

ここのところ、更新しなかったので心配おかけしてすみませんでした。
元気です。
ぎっくり腰は、まだ今一だけど。。。。

あ、今ホームページを作っています。
数日内にアップできると思います。ガンバル!!
では、また。
1年以上
たまには、そう、週に一回ぐらいは和食も食べる、、、って言うか食べるようにしてる。やっぱり身体にいいものね!

美味しくて新鮮なお魚が欲しくなったら、行くミラノの中央駅の線路下(なんか、有楽町の焼鳥屋のイメージ。。。)にある2軒の魚屋。昔、確か15年ぐらい前この近くには、魚市場があった名残りで今もあるこの店。種類も多いし、新鮮だし、絶対満足いくことお勧め。
名前は、一軒がPesce Vivo。もうひとつがMercato del pesce(http://www.mercatodelpesce.eu/)。通りの名前はVia Giovanni Battista Sammartini。
2軒両方に入って(ちょっと勇気がいる、だって本当に隣同士なんだもの)、本マグロのトロがあった方の店で、トロとシチリア産の赤エビと地中海の手長エビ(スカンピ)を購入。
本当は、せめて今日ぐらいワインを飲むのはやめよう、って思ってたのに、伴侶が、え?こんな贅沢するのにワイン無し?って言うもんだから、白ワインを冷やす。
いとこが送ってくれた貴重なお米(粒がちっちゃくて、艶があって、本当に美味しい、ありがと~Mチャン!)、もうこれで最後だけど、、、、炊いて、九州のお刺身用のお醤油とワサビ、大根を細く切って、日系3世の何の香りもしないシソの芽を添えて:
ハ~~イ! 豪華でしょう?

DSC05603.jpg

この手長エビの大きさ(ワサビのチューブと比較してね)。甘くてものすごく美味しい
食べ甲斐のあること!

DSC05605.jpg

ワインはオルトレポーのMonspelloと言うワイナリーのシャルドネ。2010年。
悪くない。点数としては83点ってとこかな?
食べるのに夢中になって、ワインの写真撮るのは忘れちゃった。。。

イタリアより食とワインと山の魅力を

作者:ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知る

イタリアより食とワインと山の魅力を

1986年よりイタリア在住の筆者がイタリアのワイン、チーズ、食文化をご案内します。イタリアソムリエ協会のソムリエ、イタリア人にとっても難関のオフィシャルテースター(Degustatore Ufficiiale)、そしてイタリアチーズテースター協会(ONAF)の資格を持つ食のエキスパートです。

7日 57 総合 1113 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさん新着記事

Livewine..
1年以上



過去記事

ワイン・チーズを通してイタリアの食文化を知るさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
2位 イタリアより食とワインと山の魅力を
3位 vatienne
4位 パドヴァのとっておき。
5位 Tatsunosuke Satake blog
6位 Rapporto!?da Genova(New)
7位 ☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆
8位 イタリア料理とイタリアワイン


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録