Welcome!

☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆

333日前



イタリア人は声が大きい~!大きすぎる~!周りの様子や空気を読んで声のヴォリュームを変える、とか、声のトーンを変える、とかできない人たちが多い。イタリアはADHDなんかも多いらしい。そういわれてみればそうだ!確かに!実はエネルギーにとっても敏感な人たちも多いし、同時に何人もの人たち
5/25 1:30

の話が聞けたりする器用な人たちも多い。やはり不思議な人たちだぁ~。
5/25 1:31

ブログや本なんかで「過剰に」周りの皆さんや読者さんなどを励ます人(たち)って・・・実は自分自身が励まされたい!人、なんじゃないかなぁ?という直感的なものが通り過ぎていきました。だからきっと皆さんを励ますんでしょうね。本当の目覚めた人たちはもっと「ニュートラルな状態や存在」だと思う
5/25 22:13

これはやはり(いつもお伝えしている通り)「人間のエゴの共感や同調」になってしまうような気がします。傷のなめ合いとまではいかなくても、「過剰になにかをする」という言動は、「宇宙の法則」でいうと、「バランスや調和が取れていない状態」であって、「どちらかに傾いている、その状態を基に戻
5/25 22:15

そうとしている」そんな状態やエゴの働きかけではないでしょうか。創造主のエネルギーやそれに近いフィールドのエネルギーや波動って、本当に「とても静か」で、動いているエネルギーの素粒子(分子、原子)なんかもわからないくらい、感じられないくらい、静かで、動いていないの?と感じるほど静かで
5/25 22:17

「空」や「無」の世界やフィールドにとても似ている。宇宙の音なんかは少し離れたところや遠くからやってくるけど、そのフィールド自体に音はほとんどない。この人間界とはえらい違い。3次元てつねに人間のつくりだす音や騒音があるよね。そうしないと物質が動いていかないというのか、エネルギーも
5/25 22:19

動かないというのか、とにかく重くて荒いエネルギーがとてもとても多い次元。それが3次元。人間界。物質世界。自分は小さい頃から本当に大きな音や人間のつくりだす音というのが苦手でいろんなところで苦労したり大変な思いをした。しかしそれもこの物質世界、人間界での学びであった(学びである)
5/25 22:22

のだから仕方ない。けど、いまでも時々そんな騒音の多さに我慢できなくなる時もある。小鳥のさえずりや川のせせらぎ、波の音、風の音、風によって揺れる木々の音など自然な音だけ聞いて生きていたいといつも思う。しかしこのような波動の高い大自然や清んだエネルギーのところには必ずといってよいほど
5/25 22:24

それとは対極の波動やエネルギーがやってくる。それが人間のエゴがつくりだすエネルギーであったり音であったりする。人間のエゴってもともと、彼らの性質として、波動の高いものや清んだ純粋な愛のエネルギーを壊したり破壊したりする気質や特徴をもっているのかもしれない。アトランティス時代もそう
5/25 22:26

だった。人間のエゴによってあの黄金時代は破壊され、終にはアトランティス大陸まで海底に沈められることになった。すべて人間のエゴによってね。3次元の物質世界というのは人間が属する世界。そして、そのフィールドは闇を生み出す世界なのかもしれない。愛や光とは対象に、それらとは対極のものを
5/25 22:28

生み出し、それを体験するフィールドであり空間なのかもしれない。そして、その闇を体験することによって、光の大切なども学び、今度は闇を光に転換する、といったエネルギー循環。闇だけでは光には転換できないし、また光だけでも闇のフィールドの貴重な体験は不可能である。そして、いま私たちはそれ
5/25 22:30

らをひとつに統合する時代、そんなエネルギーの中にいる。のかもしれない。「光と闇の統合」これがアセンションでもあり、シフトアップやワンネスにもつながっていくのだろう。「光と闇」といえば、ギリシャ!ギリシャ!といえばサントリーニ島!サントリーニ島!といえばアトランティス!そうだ、6月
5/25 22:33

の遠隔ヒーリングの告知をしなくては!「ギリシャサントリーニ島」といえば、世界中からのツーリストたちが集まる聖地でもある。白とブルー(水色)の建物にエーゲ海。一度は訪れたい場所のひとつでもあるらしい。確かに絶景も多く、火山によるエネルギーもとても神秘的である。でも本当のことをいうと
5/25 22:38

イタリアも同じように、観光や短い期間の滞在なんかには最高!なのかもしれない。「いいところ」しか見えないから。しかし言葉がよく理解できるようになってきたり、その土地の人たちといろいろなコミュニケーションなんかがはじまり、それがだんだん深くなってくると、違った面から、または多角方面
5/25 22:40

からの情報やエネルギーなんかも入ってくる。特に歴史の長い国や土地は、「光と影(闇)」のコントラストも深い場合が多い。それだけ素晴らしいものがある、ということは、その対極側も存在する。ということになる。そして、ツーリストや短い滞在期間中は、彼らはその表側(光側)しか見せない。ような
5/25 22:42

文化や習慣になっている。現地の人たちと深く関わるようになってくると、ツーリストや短い滞在では聞けないようなものを聞いたり、見たり、感じたりするようになってくる。もちろん感受性の違いはあるが。サントリーニ島でも滞在中、本当にいろんな話を聞く。涙して訴えてくる(話をしてくる)人たちも
5/25 22:45

いる。現地の人たちと深く関わっていると、「あれ?自分はここで何しているんだろう?(何しにきた?)」と感じること、思わずにはいられないこともある。が「神さまとの約束」や「光の存在たちの導き」に従わないわけにはいかない・・・のだ。あと少し?頑張ろう。正直なところ、今回はもうそろそろ別
5/25 22:49

の場所や空間に移動するタイミングのような感じがしていた。・・・ところ!またサントリーニ島からお呼びがかかった。現地の人たちも含めて。はっきりした返事はできなくて、スルーしていたら、今度は違う方面から、「サントリーニ島どうするの!」とメッセージがやってきて、実際に3次元の人を通して
5/25 22:51

もお声がかかった。・・・「あぁ~、まだあそこでのミッションは終わったなかったんだぁ」と感じずにはいられなかった。そっか~いま書いていて、ふと通り過ぎていったこと。日本滞在中、何度か富士山のふもとに行ったり、日本一深い湾がある場所に滞在したり、レイラインを結んだり・・・今度はそれら
5/25 22:54

をサントリーニ島やそこある火山やエネルギー、ラインと結ばないとミッションは一区切りつかない。らしい。なるほど~!やはり先日受け取ったメッセージ、龍の国日本とアトランティスがあったといわれているサントリーニ島を結ぶ、ギリシャの神々と日本の神々を結ぶ(ラインをみつける?エネルギー回路
5/25 22:57

をキレイにする)Needsがあるようだ。これが今回おこなう遠隔ヒーリングやアチューメントにもつながっているんだね。~感謝~
5/25 23:38

346日前

 

 

 

Buon giorno!!!

 

いま先ほどランチをしていたら、急にメッセージがやってきた。

 

瞑想中や鏡の前、バスルーム、大自然の中でも多くのメッセージがやってくるが、「ちょっと不思議なメッセージの受け取り方と場所」として、以前から「食事中」というものがある。

 

人間としてこの地球に存在していることの中で、好きなことやリラックスできることのひとつに「食べること」というのがある。きっと食事中はリラックスした状態に入るのだと思う(相手や場所、雰囲気にもよるが)。「ほっ!」とひと息、リラックス状態は脳波も緩み、天界からのメッセージを受け取りやすくするのだろう。

 

「食べ物」や「お食事」というのは、「豊かさ(アバンダンス)」そのものなので、昔からご縁の深い「豊穣の神さま」や「(七福神の)弁天さん(龍神や瀬尾律姫、アマノテラスなどにもつながっているらしい)」にも関係していて、「天からのアバンダンス」を頂く時(肉体に取り入れる時)、一緒にメッセージがやってくるのかもしれない(自分の場合)。

 

毎度のことながら、今日ランチの際のメッセージも「どうしてこのようなメッセージがやってきた」のかは、3次元の自分には明確にわからないが、3度以上続けてやってくるメッセージやその時の感覚などは大切なことでもあるので、皆さんにもシェアしたいと思う。

 

いきなりどっかーん!と直球型でやってきたメッセージは、「偽りの涙に気をつけなさい」こんな感じだった。やってきたエネルギーを直訳すると「偽りの涙するものに気をつけなさい」ということだろう。

 

「愛や光のエネルギーからの涙(真実の涙)」と「偽りの涙(エゴの涙)」はまったく波動やエネルギーが異なる。

 

( こちら↓ アルクトゥルスと理解できない人間たち の続きになる記事になるかもしれない ) 

 

「偽りの涙」イコール「エゴの涙」ということになる。「エゴは偽り」であり、「人間の偽りの世界」である。人間が自分たちの恐れや不安といった低く荒い波動、淀んだエネルギー(クリアでないエネルギー)でつくりあげている「偽りの世界」である。

 

以前から何度かなうやブログでも伝えていることでもあるが、人間のエゴは「涙」を「女の武器」として使ったり、「涙すること(をエゴが演技すること)」で、その人は自分自身のエゴや欲といった波動の低いものやエネルギーの淀んでいるものを懸命に守っている場合も多い。

 

こちらヨーロッパに住んでもう26年?27年?目になるが、こちらに住んでみて初めて、「日本にいたらわからない日本のこと」や「日本にずっといたらわからない日本人の特徴」などにも気づかされることが多い。

 

欧米人と比較すると、日本では「涙すること」をそんなに大切なことのように取られられていない(思っていない)人たちが多いような気がする。「(私)こんなに感動しているのよ!」といった自らの感情感覚やアイデンティティなどを周りの人たちに表現したりアピールしたりするバロメーター的なものでもあるような気もする。

 

そして、ハートや魂から(深いところから)自然と湧き出てくるような「(愛の波動を持った)自然な涙」ではなく、「自身のエゴが何かの目的のために涙を武器として使う」人種やお国柄でもあるような気がしてならない。と感じることも多々ある。※

 

例えば、「(偽りの涙を流しながら)謝る」、自らのやってしまったことに「涙しながら後悔することを訴える」など。高次元のマスターたちからしてみれば、「涙を流すくらいなら、どうしてそんなことしたんだ!」「後悔の涙を流すくらいなら、なぜそれを選択したんだ!」というご指摘を受けそうな人間の行動でもある。そして、「どうして人間というものは後悔したり、偽りの涙で自分を偽善者としてアピールしたいんだ?何か起こらないとその出来事の意味がわからないのか?」と彼らからしてみると、まったく理解不明なことなのかもしれない。

 

※それはおそらく、「涙することによって共感することを求めている」象徴のひとつでもあったり、「自ら涙することで、自分自身の感情感覚に共感させる(させたい)」エゴからの無意識的な発信や欲望的なものであるのではないだろうか。

 

以前から伝えている通り、恐れや不安といったエゴ、自我、欲・・・といったものも、「涙という武器」を使って、エゴの目的(達成)やエゴを守ることに無意識にフォーカスしたり、徹底的な守備体制(?)のようなものに入る人間たちも多いようだ。「徹底的な守備体制」イコール「エゴの攻撃」だったりもする。

 

そして、この武器を無意識に習慣化してしまっている人間、またそれを無意識に使っている人間たちも、日本女性の中には多いのではないだろうか?だからこそ、「涙は女の武器である」と昔からいわれているのだろう。こちらヨーロッパではこのような言葉やことわざを聞いたことはない。イタリアでは「女の武器」は「Sensualita'」といってセクシーさであるといわれている。なんて大きな違いだろう。

 

 

・・・ 続く ・・・

 

 

 

 

 

346日前

 

 

 

 

コチラ からの続きです。

 

 

研究結果から言ってしまえば、このようにいつも「涙を武器」として生活している人たちや習慣化している人たち、このような(エゴの)生き方を選択してきた人たち、要するに「自己逃避癖の多い人たち」は、はっきりいって、ブラックな世界、Darkness(闇)のフィールドや世界に、自然と無意識につながることも多いし、Darknessのフィールドや世界から(向こうの方からも)好んでアクセスされたり、つながられたり、「真実の光」を拡大しないため(阻止するために)、または「闇のエネルギー」を広げるために利用されたり、支配されたりしていることも多い。が、本人たちはそれらに(まったく)気づけない。から恐ろしい。

 

自分は仕事柄、このような人たち、人間たちをたくさん見てきたし、真実として話を聴いたり、いろいろな体験を頂き、必要があればそれらを浄化してきた。彼ら自身、彼らの魂がどーのこーの言っているわけではなく、彼らの恐れやエゴが、このようなDarknessの世界に自然と無意識につながって、とんでもない悪〇の言動などをする。ことがあった。しかし、本人たちは、それにも自ら気づけない。くらい、闇のエネルギーやエネルギー体、フィールドなどに支配されていて、まったくそれらに(自ら)気づくことができない。といった悲しい真実が多々あった。

 

無意識にDarknessとつながってしまう人たちの特徴や生活習慣、人生や生き方などを1から挙げているとキリがないので(これは浄化のプロセスとして、養成講座や虹の学校でお伝えすることにする)、ここでは控えるが、エネルギーや言葉、行動、目や姿勢などをみているとすぐわかることでもある。

 

彼らがこのような愛や光ではない世界やフィールドに自然に無意識につながってしまうエネルギーや鎖、コードなどをカットして、そこから入ってしまった(入り込んで影響を受けている、侵されてしまった)エネルギーなどを浄化する。またそのようなエネルギー(体)自身を浄化しなければならないことも多々あった。残念ながらご本人たちはこのようなエネルギーレベルで起こっていることには(いっさい)気づけない場合がほとんどである。

 

例えば、「どうしてあのような発言をしたのですか?」「なぜあのような行動と取ったのですか?」と質問しても、彼らの大半がその簡単な質問に答えられないのである。なぜこんなに簡単な質問にも答えられないのか?自分の発した言葉や行動の意味や責任といったものがわからないのか?

 

これはずばり!それを発したり、その行動を取ったのが、本当の自分自身ではなく、何かに支配され、何かに操られているから、それを言わされたり、変な意味不明な行動を起こすようになってしまっている。闇のエネルギー(体)に影響されていて自分のエネルギーを感じられなくなってしまっているのだろう。

 

このような場合(このような状態に自ら気づくことができず、陥ってしまう場合)には、他人や周りの「浄化」どころではない。自分自身に起こってしまっていることにもまったく気づけない、愛や光ではないエネルギーを無意識に広げてしまっているのだから、他人や周りの浄化なんてできるわけがない。

 

こんな風に、Darknessのエネルギーは、気づかないうちに一方的につながられていたり、少しの隙があると一瞬で入り込まれるのだ。「隙間」「魔がさす」といった文字からも理解できるだろう。問題はこのようなことがエネルギーレベルで起こっていても、これに実際に気づける人間は少ない。ということなのである。

 

「浄化をできる人を増やす」ためには、まず「自身の浄化」が必要であり、エネルギーを繊細に瞬間的に見分けられる感覚や真実を瞬間的に見極められるような感覚をもっていることが最低限必要となってくる。

 

こういったことがどうして「涙」とつながるのか?

 

以前のブログにも何度か書いたと思うが、この「涙」というのは、Darknessエネルギーにつながる人間たちやそこから支配されて影響を受けてしまっている人たちがよく使うもの(武器)である。といっても過言ではない。

 

わかりやすくいうと、Darkness、闇の存在たちに影響され、いつの間にか知らないうちに侵されている人間たち(本人たちはそれにも気づけないことがほとんど)が使うものであり、決まった行動パターンや闇の攻撃パターンのひとつでもある。

 

本人は自分の恐れや不安、後悔といったものを守るために必死になって、無意識に習慣化された行動パターンから動いてしまうことが大半だと思うが、もうそこにはDarknessのエネルギーが十分に漂い、Darknessフィールドからも数多くのアクセスや影響力、支配力などがきており、もうそこにおいて、Darknessフィールドやそこのエネルギー体たちと無意識に合意して、愛や光ではない契約などもおこなってしまっている場合も多い。何度もリピートするが、このプロセスに気づける人間は非常に少ない。知らず知らずの間にそのような愛や光ではないエネルギーやエネルギーフィールドから侵されていることがほとんどなのである。

 

( アルクトゥルスと理解できない人間たち  こちらの記事の後半も参照 )

 

・・・ 話が長くなりそうなので、中略 ・・・

 

この愛や光ではないフィールドや世界のやり方のひとつとして、人間界では、「涙を武器」として使う。ということがある。

 

ハートや魂から自然にこみあげてくる自然な涙とエゴやエゴの目的によって使われる涙とはまったく波動やエネルギーが異なる。

 

セッションやセミナーなどでも、前者の涙の人たちもいれば、後者のエゴやエゴの目的のために涙を使う人たちもいた。その違いは本当によくわかる。もちろんあえて、その場でそれを伝えることはほとんどなかったが、人間の涙の研究結果としてとても素晴らしい研究ができた。このことに感謝したい。

 

今年に入ってからのセッションやセミナーでもこんなことがあった。

 

自分自身の内側、潜在意識やエゴと向き合うことをしない人、向き合えない人、逃避癖のあるような人が、自らのエゴやそことつながってしまっている闇のフィールドなどに向き合おうとしなかったため

 

相手や周りの人たちに、愛や光ではない世界やフィールド、つまり自分のエゴがつながってしまっているDarknessのフィールドのエネルギーや波動、やり方などを無意識に強制し拡散している。といったような出来事があった。

 

闇のエネルギーはずるがしこく、ぶりっ子して接してくる、つまり、偽善者や偽り天使や偽りの良い人といったものを演技して、自分たちのエゴやDarknessのエネルギーや波動に引っ張り込もう、巻き込もう、仲間にしよう、仲間にして「真実の光や真実の愛が広がることを阻止しよう」とする。

 

わかりやすい例としては、「(人間のエゴの偽りの)涙をつかって、相手や周りの人たち、同じ時空間を共有している人たちの感情感覚を揺さぶらす」

 

→「揺さぶらしている間(周りの動揺やエゴの感情感覚を自分に引き付けておいて)に、闇の種やパラサイト、Darknessの波動やエネルギーをインプットしたり、それに引っ張り込み、その中に巻き込もうとする」

 

このようなパターンだ。

 

人間だとほとんどの人たちが、「(偽りでも)泣いている人や涙している人(女性)」を責めたり攻撃したりすることはない・・・だから、そのようなタイミングをばっちり利用するのである。まったく「正々堂々としていないやり方」で「真実の光が拡大されることを阻止する」ことを狙って、闇の攻撃をしてくるわけである。

 

「(偽りの)涙」を見せ、また、それを感じさせ、動揺させる。自らのエゴの感情に共感させ(動揺させ引き込んでおいて)、その瞬間に闇のエネルギーや種をインプットしたり、やりこんだり、巻き込むのである。

 

このような人間や愛や光ではないところにつながって、それに影響され、支配されている人たちにはくれぐれも注意しよう。

 

この「闇のテクニック」やパターンは、一般の人間やエネルギーを瞬間的に見分けられない人たちにはとても難しい判断になってしまうかもしれない。ので、とにかく「人間のエゴの感情をぶつけてくるもの」や「(偽りの)涙をつかって何か自分を訴えてくるもの」にはかなり要注意!が必要である。はっきりいって「近づかない方」がその後のややこしいエネルギーレベルで起こるようなことは発生しない可能性は高い。ともいえるので、「偽りの涙」を流していたり、「エゴの感情をぶつけてくる人」には近づかない方がよいのかもしれない。

 

「真実の涙」、であるのか、「偽りのエゴの涙」、であるのか、瞬間的に見分けられるようになろう。

 

もっとこの地球に「浄化ができる人」を増やしたい、そのような人たちを探しているのだが、「浄化」が人間界だけではなく、浄化が進めば進むほど、異なった次元、異次元にかかわってくることも多くなってくる。浄化が進めば進むほど、神(創造主)はこのように私たちに魂の課題を思い出させてくれるのだろう。

 

この段階(ステージ)では、相手や周りのエネルギーといったものを、瞬時に見分ける必要性が出てくる。なぜならば、アチラの世界は、人間の世界のように時間といったものがないので、瞬間的な速さやタイミング、魂が自分の体験や経験から学んできた魂の直感といったものが必要となってくる。

 

エネルギーを瞬間的に見分けられるようになり、さまざまな次元(異次元)の浄化が可能になると、「神の目」といったものを持つことを許されるようになる。これは神(創造主)からのギフトでもあり、宇宙連合から送られる「宇宙平和の勲章」のようなものである。

 

 

 

 

 

347日前

 

 

 

「すべて起こることには意味がある」

 

いま私たちに(私たちの周りで)起こっていることにはすべて意味がある。

 

それをキャッチすること(受け取ること)ができるかどうか、

 

そして、キャッチした後(受け取った後)、それらを

 

広い視野(宇宙的視野、異次元的な視野)や深い洞察力、理解力、読解力で

理解できるかどうか、そこにある大切なメッセージ性を読解できるかどうか

 

などによって、人ぞれぞれの人生や魂の輪廻転生

「魂のカルマ」や「魂のバランス」などは異なってくる。

 

昨日から「UFO」や「謎の飛行物体」についてアップしているが、

先ほどまた、おそらく関係性のある、だろう記事を見つけた。

 

見つけた、というより、アチラ(向こう)からこちらに訴えかけてきたり

アチラ(向こう)から勝手にやってくるのである。

 

いま自分は、自らこのような記事やニュースなどを探しているわけではないので。

 

気になる記事なので、皆さんにもシェアしたいと思う。

 

ファティマの予言から100年目となる、今年5月13日に世界は滅亡する!?

 

こちらの記事に目を通していて、いまこの地球に起こっていることが

なんとな~くわかった、というか・・・

 

魂やアチラにいる自分は何か知っている。

ような気がした。

 

ファティマの予言通りにならないためにも(世界平和を維持するためにも)

「謎の光」や「謎の飛行物体」「UFO」や「異次元の惑星」・・・

 

「異次元の光の存在たち」の力(パワー)やエネルギーが必要なのだろう。

 

だから「いま、すべてはここで起こっている」のである。

 

やはり!!!

 

「いま起こっているすべてのこと」には意味がある。のである。

 

 

 

347日前

 

今日は満月ですね。蠍座の満月だそうです。

 

宇宙(天界)からやってくる(降りてくる)エネルギーがすごい!ですね。

かなりパワフル!!!です。

 

いま先ほどFacebookをみていて、「あぁ~!なるほどぉ!だからだったのね!」という写真がアップされていたので、こちらで皆さんにもシェアしたいと思います。

 

昨日、なぜか初めて「UFO」というタイトルでブログを書いた(書かされた?)のですが、いままで何度か、このような話はなうやブログには出てきていたと思いますが、あえて「UFO」というタイトルをつけて、記事を書くのは初めて。(だと思います)

 

自分でも「どうしてこんなこと書かなくちゃいけなんだろうなぁ~?」なんて思いながら、それでもシエスタから目覚めた時(時差ぼけのためお昼寝してました)、このようなメッセージが3度あった?感覚がしたので、まったく意味はわからなかったけど、それに素直に従って書いてみたのです。

 

眠る前のうとうとしている時や目覚めのうとうとした状態の時にはまだ脳波が瞑想状態になっているので(エゴがまだほとんど働いていないので)大切なメッセージを受け取りやすいのです。眠っている時にもアチラともつながりやすいしね。

 

とにかく、「なぜかわからないけど」メッセージと直感(感覚)に従ってみました。

( 実は最近特に、意味がよくわからなくても、直感や感覚にできるだけ従うよう努めています )

 

・・・ということで、昨日の UFO(光) という記事を箇条書きで書いてみたのですが

 

先ほど、知人がFacebookにある写真(上記の謎の飛行物体の写真)をアップしたのをみて、びっくり!

 

またまたシンクロニシティ!!!

 

そして、すぐに、その意味(3次元だけではなく異次元や地球こ超えたところでの意味も)がわかりました。

 

「だから!!!だったんだぁ~~~!!!なるほどねぇ~~~!!!テレパシーや感覚って本当正直だなぁ~!」と実感。

 

上記の「謎の飛行物体」が現れたのは、こちらヨーロッパの時間で5月9日となっているから、昨日の「UFO」の記事を書く前になるのだと思うけど、どこに現れたのか?写真は誰によって撮られたのか?はまだ不明です。

 

きっと「謎の飛行物体(UFO)」のエネルギーを感じて、書いた(書かされた?)のかなぁ?と感じました。

「エネルギーを感じた」だけではなく、何か(まだ発見できていない、わかっていないけど)ある!ことも感じています。

 

昨日の「UFO(光)」の記事にも書いたけど、母船らしきもの(大元の光)があって、そこから子船?小さな光が出る、飛び出してくる、分裂する?・・・ジャストな言葉がわかりませんが、サントリーニ島を初めて訪れた時、船のベランダからみた光たちもそうでした。

 

上記の写真の光たちもそうだよね?

 

やはり、いつも宇宙はパーフェクト!!!

 

すべてに意味があって、奇遇や偶然はないんだね。

 

最近またエネルギーがシフトアップしているようにも感じるし。

 

皆さんの中にも9日の「謎の飛行物体」見られた方いらっしゃるのかしら?

 

 

☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆

作者:Alice

☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆

イタリアと日本をベースに、カウンセリングやセラピー、ヒーリングなどを行っております。貴方の「気づき」のお手伝い、内なる輝きと可能性を見つけるお手伝い、魂の歓びや愛、輝きや幸せを感じられるお手伝いが出来れば、心から嬉しく思います。心の癒やし、感情の癒やし、魂の癒やしを専門に行っております。インデイゴチルドレン、クリスタルチルドレン、レインボーチルドレンや大人の方をサポートしております。

7日 26 総合 983 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Aliceさん新着記事



過去記事

Aliceさんへの新着コメント




ミラノブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 mimitalyの新☆イタリア生活 ~歌をうたいたい~
2位 イタリア料理とイタリアワイン
3位 ミラノの日常 第2弾
4位 ミラノ駐在ブログ
5位 ☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆
6位 オレンヂ・ミラノ情報発信局
7位 パドヴァのとっておき。
8位 Tatsunosuke Satake blog


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ミラノでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録